2014年は午年!年女、年男はこの生まれの人たちです

スポンサードリンク

 

ご自分の「干支」ってご存知ですか?

ちなみに2014年は「午(うま)」年ですね!

 

■よくいう「干支」って?

巷でよく使われている「干支」という言葉は、「十二支」の事を指す事が多いようですね。

実際の「干支」は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で表す十二支と、

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸で表す十干を組み合わせた60種類の事を言います。

今回は「十二支」を「干支」としてお話をすすめます。

 

まず、ご自分の生まれの「干支」ってご存知でしょうか。

若い人にはあまり馴染みが無いかもしれませんが、要するに生まれた年に当てはまっている十二支のどれかのことです。

2013年の干支は「巳(へび)」ですから、今年生まれた子供は「巳年」ということになります。十二支は、12種類の動物が当てはめてあるんですね。

子(ね)→ 鼠(ねずみ)、丑(うし)→ 牛(うし)、寅(とら)→ 虎(とら)、卯(う)→ 兎(うさぎ)、辰(たつ)→ 竜(りゅう)、巳(み)→ 蛇(へび)、午(うま)→ 馬(うま)、未(ひつじ)→ 羊(ひつじ)、申(さる)→ 猿(さる)、酉(とり)→ 鶏(にわとり)、戌(いぬ)→ 犬(いぬ)、亥(い)→ 猪(いのしし)。

この12種類の動物が一回りすると、また初めに戻ります。

 

 

読み方が「ネズミ」で「ネ」や、「ヘビ」で「ミ」と変化しているものもあって、馴染みのない人には難しいかもしれませんね。

どうしてこれらの動物が選ばれたのか・・・については、伝説のようなお話はありますが、実際のところは謎なんだそうです。

 

■干支早見表

ここ数年の干支の早見表です。

西暦2014年-平成26年・0才-午(うま)

西暦2013年-平成25年・1才-巳(み)

西暦2012年-平成24年・2才-辰(たつ)

西暦2011年-平成23年・3才-卯(う)

西暦2010年-平成22年・4才-寅(とら)

西暦2009年-平成21年・5才-丑(うし)

西暦2008年-平成20年・6才-子(ね)

西暦2007年-平成19年・7才-亥(い)

西暦2006年-平成18年・8才-戌(いぬ)

西暦2005年-平成17年・9才-酉(とり)

西暦2004年-平成16年・10才-申(さる)

西暦2003年-平成15年・11才-未(ひつじ)

西暦2002年-平成14年・12才-午(うま)

 

よく「年齢が一回り違う」と言いますが、これは干支にちなんで「12歳違う」という意味で使われる事が多いです。上の記載でも0歳と12歳の子供はどちらも「午年」です。

 

年が違っても「干支」が同じだと、なんだか親近感がわきますよね!


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ