108回の除夜の鐘・その由来をまとめました

スポンサードリンク

 

大晦日と言えば、紅白歌合戦を見てからの除夜の鐘ですよね。

家にいても小さい音ですが聞こえてきます。私も近くの神社に鐘をつきに行ったことがありますよ。人がいっぱいでした。

寒い外で順番を待ってカウントダウンをし、私たちが鐘をつく頃には新年を迎えていました。つくのは難しいですね。

重たいので勢いが必要です。

その後甘酒を飲んで帰りました。

 

除夜の鐘は、年末年始に行われる行事で12月31日(大晦日)の深夜0時を挟む時間帯に、お寺の梵鐘をつくことです。

除夜の鐘は108回つかれます。

「108」と言う数には由来があります。

 

1つ目は

眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)、意(い)の人間の持つ六つの器官(六根)のそれぞれに気持ちが好い(好)、気持ちが悪い(悪)、どうでもよい(平)で18種類があり、この18種類それぞれに浄、染(きたない)の2種類があって36そしてこの36種類を前世、今世、来世の3つに配当して108種類と人間の煩悩(人の心を惑わせたり、悩ませたりする心の働きのこと)の数を表しています。

2つ目は

月の数12、二十四節気(1年を春夏秋冬にわけ、それぞれを6つに分けた24の期間のこと)の数の24と七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと)の数の72を足した数が108となり1年間を表しています。

3つ目は

四苦八苦を取り払う物で4×9+8×9=108をかけた物とも言われます。

いろいろな由来があるのですね。

 

作法として始めに合掌をします。

そして108回のうち107回は旧年(12月31日)につき、最後の1回を新年につくとされています。

 

大晦日の日にNHK総合テレビで「ゆく年くる年」という番組で除夜の鐘が疲れる所を中継していますよね。

この鐘とともに新年を迎えますよね。

番組開始当初の番組名は「除夜の鐘」だったそうですよ。

 

「109番目の除夜の鐘」という曲を聞いたことがありますか。

この曲は「中島みゆきさん」の曲で作詞も作曲もされています。

歌声がパワフルですよね。

「109番目の鐘の音が〜」という所が耳に残りますね。

中島さんはどのようなことが伝えたかったのでしょうか。

歌詞を見ると暗い歌に見えます。

「百と八の悲しみがいつまでたっても止みもせず」という歌詞がありますが私には108の悲しみが消えずに残っていて109回目の鐘をつくことになるだろうと考えます。

意味が難しいので皆さんが思う捉え方でいいと思います。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ