門松にしめ縄・・・玄関のお正月飾りまとめ

スポンサードリンク

 

お正月はまず玄関から! どんなふうに飾ればいい?

いつまで飾っておくもの?

 

■正月飾りいつから?

大掃除が終わり、「よし!正月飾りだ!」と準備万端。

でも29日と31日は控えるのが習わしのようです。

29日は(二重苦)、31日は(一夜飾り)と言われて避けられてきました。

ちなみに片付けるのは松の明けの1月7日。

そして小正月の1月15日に神社などで焼却してもらうと良いでしょう。

 

■玄関の正月飾り 門松

門松とは、お正月を迎えるにあたり、門や玄関に置く松飾りのことです。

正月にはこの松を依白(よりしろ)として「年神様」が降りてくるといわれています。

つまり縁起の良い松を「目印」に年神様がいらっしゃると言うのです。

竹や松といった、年中枯れない常緑樹を使い、おめでたい紅白の梅などをあしらい、玄関や門の脇に置きます。

門松用の松は、その昔は家ごとに近くの山に採りに行ったそうです。

それを「松迎え」といい、12/13日の「事始め」に行っていました。

しかし最近では集合住宅などで飾るのも難しいため、略式で飾る事も多いのではないでしょうか。

松の小枝に白い水引をつけたものを対で門柱や玄関に取り付けるタイプは、後始末も簡単で良いですね。

実際の植物を飾れない場合は、印刷して貼るタイプのものもあるようです。

「玄関の前に飾るのはちょっと・・・」という時には、インテリアとして中に飾っても良いかもしれません。

 

■玄関の正月飾り しめ縄

しめ縄(〆縄)とは、神聖な場所と他とを区別するために張る縄です。

しめ縄を飾る、ということは「我が家は年神様のいる清浄な場所ですよ」というしるしになります。

さらにしめ縄には、ケガレを祓う力も有りますから玄関や各戸口・火元・水周りなどに飾る事で、家の中を清浄にするという意味もあります。

橙・裏白・紙垂(しで)・エビ・昆布など豪華な「しめ縄飾り」もありますが、あまり派手なものは飾れない・・・という時はシンプルな「輪飾り」でも十分じゃないでしょうか

最近ではドアに付けられない場合も多いでしょうから、中に置き物などを飾ったりして季節感を楽しむのも良いかもしれません。

 

他に「正月飾り」と言えば、やはり外せないのは「鏡餅」です。

床の間や居間にはもちろん、玄関に置いてもOK!最近は便利な真空パックのお餅も売っていますが、自分で作ってみるという手も。

 

折り紙で折れば、家族で楽しめるかもしれませんよ!


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ