視力回復のためのトレーニングあれこれ

スポンサードリンク

 

視力が悪くなると眼鏡をかけたり、レーシックの手術をする人がいますよね。

視力はどんどん低下していつの間にか眼鏡の度が強くなっていませんか。

少しでも視力が回復できるといいですよね。

今回は視力回復について紹介したいと思います。

 

まず1つ目は、トレーニングです。

毛様体筋といってものを見るときに使う筋肉をトレーニングすることによって視力回復につながるのです。

遠くを見ることで毛様体筋はゆるみ水晶体は薄くなります。

逆に近くを見ると毛様体筋は緊張し水晶体は厚くなるのです。

 

ではトレーニングを紹介します。

遠近体操法といって遠くや近くを交互に見て毛様体筋を動かして緊張をほぐすトレーニングと、遠方凝視法といって遠くの一点をじっと見つめて毛様体筋を緩めて水晶体を薄くするトレーニングがあります。

ほかにはめをつぶって左右上下を見るものや、指先と目で追う体操などがあります。

専門家によると、脳のトレーニングをすると良いと言われています。

目で見た情報は脳で認識しますよね。

「見えると思って」と口にすることで脳に見えるということが伝わり目は多くの情報を取り入れようとするのです。

 

次のトレーニングは「マジカルアイ」について紹介します。

2Dの画像を3D化することによる回復法です。

何かが浮き上がって見えます。

コツとしては遠くを見るイメージでやる平行法、寄り目で見る交差法があります。

スマホアプリでも視力回復のトレーニングがありますよ。

 

ここ数年、スマホやタブレットを使う人が増えそのほとんどがドライアイです。

ドライアイが原因で視力低下する人もいます。

ムチンという成分が含まれている目薬をすると視力回復につながるそうです。

 

2つ目に紹介するのはツボ押しです。

眉毛の真ん中や、眉尻、目尻のくぼみなどを3〜5秒間押すと視力回復につながります。

蒸しタオルでも効果的ですよ。

目の血行を良くすることで毛様体筋の緊張がほぐれるのです。

毛様体筋を鍛えるトレーニングをした後に蒸しタオルで目を休ませてもいいかもしれません。

視力回復のメソッドの本が販売されています。

自宅でも簡単にできるように考えられていました。

子ども眼鏡をかけていますよね。

原因は疲れ目です。

テレビやゲームをする子どもが増え、絵本をじっと見続けることでドライアイが起きてしまいます。

トレーニング方法は、点から点へと支店を移動させる視点移動法、目を閉じてリラックスする眼筋体操などがあります。

 

どれもお家でできるものなので簡単ですね。

楽しくトレーニングができるといいですよね。

視力が低下したけど眼鏡は嫌という人にもおすすめです。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ