発祥すれば死亡率100%?!狂犬病について

スポンサードリンク

 

狂犬病はすべての哺乳類に感染することが知られており、もちろん人も例外ではありません。

人も動物も発症するとほぼ100%死亡しますが、人では感染後(感染動物に咬まれた後)にワクチンを連続して接種することにより発症を防ぐことができます。

狂犬病は日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国々を除いて、全世界に分布します。つまり、海外ではほとんどの国で感染する可能性のある病気です。

感染動物すべてから感染する可能性がありますが、主な感染源動物は以下のとおりです。

渡航中は特にこれらの動物に咬まれないように注意してください。中でも、犬が人に対する主な感染動物です。

アジア、アフリカ:犬、ネコ
アメリカ・ヨーロッパ:キツネ・アライグマ・スカンク・コウモリ・ネコ・犬
中南米:犬・コウモリ・ネコ・マングース

 

世界保健機構(WHO)の推計によると、世界では年間におおよそ5万5千人の人が亡くなっています。また、このうち3万人以上はアジア地域での死亡者と言われています。

強い不安感、一時的な錯乱、水を見ると首(頚部)の筋肉がけいれんする(恐水症)、冷たい風でも同様にけいれんする(恐風症)、高熱、麻痺、運動失調、全身けいれんが起こります。その後、呼吸障害等の症状を示し、死亡します。

日本国内では、人は昭和31年(1956年)を最後に発生がありません。また、動物では昭和32年(1957年)の猫での発生を最後に発生がありません。

現在、日本は狂犬病の発生のない国です。

輸入感染事例としては、狂犬病流行国で犬に咬まれ帰国後に発症した事例が、昭和45年(1970年)にネパールからの帰国者で1例、平成18年(2006年)にフィリピンからの帰国者で2例あります。

狂犬病は一旦発症すれば効果的な治療法はなく、ほぼ100%の方が亡くなります。

感染動物に咬まれるなど感染した疑いがある場合には、その直後から連続したワクチン接種(暴露後ワクチン接種)をすることで発症を抑えることができます。

感染した可能性がある場合に、発症を予防するため接種するワクチンのことを暴露後ワクチンと言い、初回のワクチン接種日を0日として、3日、7日、14日、30日及び90日の計6回皮下に接種します。

 

犬を飼っている方へ

狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主には以下のことが義務づけられています。

① 市町村に犬を登録すること。

② 犬に毎年狂犬病の予防注射を受けさせること。

③ 犬に鑑札と注射済票を付けること。

渡航される方へ

① 予防接種を受ける

② むやみに動物に手を出さない。

③ 万が一動物に咬まれた場合は、傷口を石鹸と水で良く洗う。現地医療機関を受診する。

④ 帰国時に免疫所健康相談室に行く。

 

狂犬病予防接種は渡航者の方を対象としたクリニックで行っていて、一回¥15,750.を3回受ける必要があります。これに初診料や再診料が必要です。

 

clip_image001

 

海外へ行くときは、必要予防接を済ませてからお出かけ下さい。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ