消費税アップ間近!生活への影響を考えてみよう

スポンサードリンク

 

消費税が上がるまでの期間は片手で数えられるくらいになってきましたね。

来年には消費税が上がります。

お買い物をするときに計算が少し大変になりますね。

5%でも3%に比べると最初は高いと思っていましたが、8%や10%はもっと高いですね。

他の国は20%と消費税が高めですが保険に関してはしかりと保証されています。

 

消費税とはものやサービスを消費したときにかかる税金で、間接税が代表的です。

間接税は税金を支払う人と納める人がこの異なる税金のことを言います。

 

増税される時期は2014年の4月に8%、2015年10月には10%に上がります。

消費税が増税することによって一般家庭や企業は年間8兆円の負担が生じるのです。

消費税が上がるのは橋本龍太郎内閣で1997年4月に3%から5%に上がって以来17年ぶりで2回目です。

 

消費税5%は国税4%と地方税25%の合計金額が内訳であり、4%×25%=1%なので4%+1%=5%なのです。

 

定価×消費税率で消費税が計算できます。

 

消費税増税によりたくさんのものの値段が上がることになりました。

公共の乗り物で使うスイカやPASMOは1円刻み(券売機は10円刻み) ATM手数料は108円に引き上げ(1万円以下) ディズニーランドは1デーパスポートが200円アップ、タバコは10から20円値上げになります。

だんだん値段が高くなってきましたね。

 

経過措置とは法令が改正されて対象者が不利益なる場合にもうけられる措置全般のことを言います。

一定の用件に該当する場合は施行日以降でも5%が適用されるのです。

増税対策として2014年4月に増税される場合、半年前の2013年の9月中に契約をすると5%の税率と言われていました。

結婚式場の場合や、旅行のツアーの場合も9月中の契約によって適用されました。

2014年3月末までに購入したものが2014年4月でも税率5%が適用されるものがあります。

電車や飛行機の乗車券や定期券、映画のチケットです。

 

消費税が上がるからと慌てて一戸建てやマンションを買う人がいますよね。

テレビでもやっていました。

消費税が上がってもそれほど負担が大きいわけではありません。

一戸建てやマンションを買うときに消費税は土地代金にはかかりませんし、建物代金だけにかかります。

 

今は食品の値段もだんだん上がっていく時代です。

これから消費税が上がり、私たちの生活にはどのような影響が出てくるのでしょうか。

節約すること多くなるかもしれないですね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ