気持ちの良い秋晴れ!でも、なんで秋の空って高いの?!

スポンサードリンク

 

秋は空がとても綺麗ですね!よく晴れ渡った青空・・・そんな日は「秋晴れ」です!

 

■秋の空、なぜ高い?

冷え込みを感じる季節。空が晴れ渡ると気持ちまで良い気分になりませんか?

秋の気持ち良い晴天を「秋晴れ」と言います。秋日和(あきびより)とも呼ばれます。

意外なことに気象用語ではありません。

よく「秋の空は高い」と言いますよね。それはなぜかご存知ですか?

秋は、乾燥した大陸からの移動性高気圧に覆われます。

暖かく晴れわたった秋の天気の事を「秋晴れ」と言うんでしたね。よく晴れるのは夏も同じですが、それほど空が透明に見えないのは、高気圧のできる場所が違うからなんです。

夏の高気圧は南の太平洋上でできます。ですから水蒸気の量が多くて、秋のようには澄み渡らないのです。

そして春なんですが、こちらは秋と同じ大陸の高気圧ではありますが、雪解け直後で土や砂を含んでしまうため、秋ほど澄み渡った印象にならないんだそうです。

そして雲のできる位置、これが秋は全体的に高め。それで空が高く見えるんだそうですよ。

移動性高気圧に覆われると、放射冷却によって、逆に朝晩は強い冷え込みになります。

霜が降りる事もあります。

そしてそのあと低気圧や前線がやってきて、秋晴れは長続きしないと言われています。貴重な晴れ間だからこそ、いっそう気持ちよく感じられるのかもしれませんね。

 

■秋の雲

女心と秋の空・・・移ろいやすいもののたとえです。

秋は、移動性高気圧が周期的にやってくるおかげで、天気が変わりやすいのです。そして、天気が変わりやすいせいか、空に広がる雲もその形をよく変えています。

秋の雲、と言えば「いわし雲」です。これは秋の季語でもあります。空一面に大量の「いわし」が泳いでいるように見える雲です。これが見えるとイワシが大漁になるとか・・・。

 

実際は巻積雲という雲で、うろこ状の雲片が集まっている状態です。

 

他にも似たような「ひつじ雲」、「さば雲」、「うろこ雲」なども巻積雲です。

 

■小春日和

「秋晴れ」と同じように、よく晴れた日に使われる言葉で「小春日和」というのも聞いた事があるのではないでしょうか。これはよく晴れた春の日・・・ではありません!

よく晴れた「冬の日」が正解。「春のように暖かい日」という意味なんですね。「小春」というのは旧暦の10月の事で、今でいう11月から12月の事をさしているのです。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ