新年の挨拶文は宛先によって変えるのがベスト!

スポンサードリンク

 

新年の挨拶文、取引先へは?上司へは?

どう書くのがいいの?

 

■新年の挨拶状マナー

これまでの取引やお付き合い、利用についてお礼を述べて、変わらぬお付き合いやご愛顧を願う・・・

新年はそんな「挨拶状」を出す絶好のチャンスです。

難しそうですが、マナーを知れば大丈夫。

 

まず挨拶状ですが、年始・・・ということになると「年賀状」がベターでしょう。

年賀状は松の内(1月の7日)までに届くようにします。

 

年賀状に書き入れる文章ですが

①新年を祝う言葉 ②昨年お世話になったお礼 ③近況 ④新年の先方への気遣い ⑤新年のお付き合いや支援をお願いする言葉⑥日付 が基本です。

ビジネスにおいては、③は必要ない場合省いてもかまいません。

 

まず①についてですが、ビジネスで賀詞を使用する場合、一文字や二文字の略したものを使うのはやめましょう。

たとえば「賀正」や「迎春」ですね。

こういった場合は「謹賀新年」「恭賀新年」または「謹んで新春のお慶びを申し上げます」などとします。

「謹んで」や「恭しく」という文字が入っている事がポイントです。

 

それから、賀詞の後に「明けましておめでとうございます」などの言葉を重複して使わない。

1月1日と「元旦」も重複しないように気をつけましょう。

 

次に②ですが、「去る」「失う」「別れる」などの忌み言葉は使わないようにします。

ですから「去年」は「昨年」としましょう。

 

最後に⑥ですが、日付は年賀状の場合「元旦」にします。

1月1日でもかまいません。たとえ元旦に届きそうになくても、日付は元旦にしましょう。

年賀状が縦書きの場合は漢字を、横書きの場合は西暦と数字を用いることが多いです。

 

あとは全体に言える事ですが、儀礼的な書状では文章に句読点はつかいません。

文章が長くなるときは改行やスペースを使います。

時候の挨拶や頭語と結語(拝啓・敬具など)は必要ありません。

 

宛先についてですが、基本的に敬称には「様」ですが、企業や団体などに対してなら「御中」となります。

肩書きを入れる場合には必ず名前の前に書きましょう。

 

 

今は全体的にプリントしたものを使う事が多いですが、その場合一言でも直筆で添え書きを入れると、心がこもったものになります。

 

■「おめでとう」ではない時

病気の上司や、被災した方へ出す年賀状は「明けましておめでとうございます」も言いにくい場合があります。

そういう時には「年始状」という形で出す事もあるようです。

たとえば文面は「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」などにし、おめでたい言葉は使わないようにします。

 

最近はメールで新年の挨拶をすませる場合も多くなってきましたが、目上の方や取引先などには年賀状を送るのがいいでしょう。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ