意外と知られていない?多汗症について調べました

スポンサードリンク

 

言葉は知っていてもあまり詳しい内容を知らない「多汗症」。

「汗を人より多くかいてしまう」ぐらいの認識の方もいらっしゃると思います。

 

しかし実際は、治療に健康保険が適用となるなど、
多くの方が悩まされている病気でもあります。

なかなか他の方に理解してもらえず、
うつ病を発症してしまうケースも珍しくありません。

ぜひしっかりとした知識を得て起きたいですね。

 

○多汗症ってなんだろう?

「多汗症」とは交感神経が失調し、体温上昇とは関係なく汗が大量に
分泌されてしまうものです。

主に頭部、手、脇の下に多く見られます。

緊張や不安といった気持ちに左右されてかく汗とは違い、
身体的失調で引き起こされる発汗の事をさします。

多汗症の症状は仕事や勉強等に悪影響を及ぼす事もあるが、
社会的認知が進んでいない為、
精神的苦痛を感じている方も多いと推測されています。

 

○多汗症の対策方法

一番一般的で手に入りやすいのは「制汗スプレー」です。

コンビニやドラッグストアで手軽に手に入り、
即効性は高いと思います。

しかし制汗スプレーは汗の匂いを抑える効果の方が多く、
直接的に汗を抑える効果は薄いと思われます。

市販薬ですと、「オドレミン(日邦薬品工業)」や「テノール液(佐藤製薬)」等の
塩化アルミニウムで汗腺を塞いでしまう事が出来ます。

また漢方薬等の服用で改善する事も出来るそうです。

この漢方薬についてはきちんとした処方を受ける方が良いかと思いますので、
病院に相談した方が良いでしょう。

その場合には皮膚科で相談してみて下さい。

 

多汗症自身は本人も気づきづらく、
また他人にも理解されず1人で悩んでしまうケースが多い様です。

もし、「あれ?自分も?」と思ったら、病院で診察を受ける事をオススメします。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ