年賀状を出せなかった人に、「寒中見舞い」を出しませんか?

スポンサードリンク

 

年賀状を出せない喪中ですが、お世話になっているあの人に「寒中見舞い」を出しませんか?

 

■寒中見舞いって?

寒中見舞いは松の明け(1月7日頃)から立春(2月4日頃)まで、一番寒い時期に相手を気遣って出す季節の便りの事。

しかし年賀状のすぐあと・・・ということもあり、年賀状の代わりとして使う事もあります。

たとえば「喪中」。

相手が喪中で年賀状が出せなかった。

こちらが喪中であったが、年賀状を頂いてしまった。

喪中と知らずに年賀状を出してしまい、お詫びがしたい・・

そんな時は寒中見舞いでお便りを出せばよいのです。

 

■寒中見舞いの書き方

寒中見舞いの基本構成は

①季節の挨拶②相手への気遣い③こちらの状況④結びの言葉⑤日付 となります。

 

文面で言うと、

「①寒中お見舞い申し上げます ②寒さ厳しき折 いかがお過ごしでしょうか ③おかげさまでこちらに変わりはございません ④これからが寒さ本番 お風邪など召しませぬよう ご自愛ください ⑤○○年1月」 このような感じです。

 

これが「喪中」になるとまた少しずつ違ってきます。

たとえば「相手が喪中で年賀状が出せなかった」場合、

『年始のご挨拶は喪中のことと存じ 遠慮させていただきましたが 皆様いかがおすごしでしょうか』 などの言葉を添えます。

次に「こちらが喪中であったが、年賀状を頂いてしまった」場合、

『昨年は喪中につき新年のご挨拶は失礼させていただきました 突然の事で傷心しており 連絡が行き届かず申しわけございませんでした』 という言葉を添えます。

たとえば年末に急に不幸があった場合、喪中ハガキが間に合わない事もありますよね。

そう言った時にもこういう形で寒中見舞いを出すと良いでしょう。

 

 

次に「相手が喪中である事を知らずに年賀状を出してしまった」場合。

この場合も『ご不幸とも知らず 年始状を差し上げてしまい 大変申し訳ございませんでした』と寒中見舞いでお詫びをしておきます。

 

■寒中見舞いの決まりごと

季節の便りですから、難しい決まりは特にありません。

しかし相手が喪中だったら賀詞は慎んだ方が良いでしょう。

「年賀」の代わりに「年始」を使ったりします。

当然ですが忌み言葉も使わないようにしましょう。

「去年」と書きたい場合、「昨年」としておきます。

それに年賀状の余りを使うのはやめましょう。

文面に頭語・結語(拝啓・敬具)は使わなくても良いです。

 

年にやり取りするのは年賀状だけ・・・という人もいらっしゃるでしょう。

喪中で連絡が取り合えないのは残念な事です。

しかし日本には「寒中見舞い」という風習があります!ぜひ取り入れてみてください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ