年々増加する「皇居ランナー」。マナーを守って楽しみましょう♪

スポンサードリンク

 

ランニングすることは健康的ですね。

気持ちがいいですしいい運動になります。

皇居の外周は1周5キロ、信号がないので走りやすい場所だと思います。

人気があるので混雑しています。

皇居ランナーの年収は700万円以上です。

ランナーのほとんどが男性で平日の仕事終わり(平日18時〜21時)の約4000人も走っているようです。

 

皇居ランニングにはマナーがあります。

マナーを守れば危険なこともないし、トラブルもないでしょう。

東京新聞では千代田区で9ヶ条のマナーなどの利用基本方針を決めたことを発表しました。

他の利用者と接触がないように左側走行を心がけましょう。

歩道が狭くなっているところは1列で走りましょう。追い抜きをしようとすると危険ですよ。

トラック競技は反時計回りで走りますよね。混雑時の逆走はやめましょう。

平日午後6時から9時や土日祝日は混雑しています。

タイムにこだわって危険な思いをするよりも突然のアクシデントをさけられるように余裕を持って走ることが大切です。

追い抜き、追い越しをするときは必ず声をかけましょう。「ありがとうございます」と一言いうだけでも違いますよ。

団体で走るときは広がらないようにしてください。

クールダウンや休憩するときは歩道を塞がないようにしましょう。他の利用者の邪魔にならないようにするのも思いやりです。

走りながら音楽を聴く場合はボリュームを下げましょう。

周囲の音や声で安全であることを確認します。

飲み物や食べ物を持ってくることがありますがゴミは持ち帰りましょう。

最後に思いやりをもって走りましょう。ランナーの他に観光客も訪れるので気持ちよく楽しめるように気配りも大切です。

もちろん自転車に乗る人もそうです。

すぐに止まれるスピードで走ってください。

 

ランニング中のトラブルはいくつかあります。

ランニング初心者は逆走してしまったり、追い越されると焦ることがあるそうです。

土日祝日のマラソン大会では、スタートとゴールの場所を桜田門前広場1カ所に限定するなど地域ごとにルールを定めました。

交通整理員の配置を義務化し、桜が咲く季節は大会を自粛するなど配慮を考えていました。

走って汗だくになったらお風呂やシャワーを浴びたいですよね。

ランナー達に人気の銭湯を紹介します。

半蔵門駅のそばにある「バンドゥーシュ」という銭湯です。

魅力的なのは浴槽があるところです。

ボディーソープやシャンプー、リンスも用意されていて利用しやすいです。

夜も24時間空いていますので遅い時間に走っているランナーにも安心して利用できます。

 

みんなが気持ちよく利用できるように思いやりることが大切ですね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ