家族や友人の結婚式で気を付けたい服装マナーまとめ

スポンサードリンク

 

◎これってOK?NG?結婚式の服装マナー

最近の結婚式もだいぶ様々な趣向がこらしてありますね。
以前は「結婚式→披露宴→二次会」といった流れが多かった様に思います。

今は結婚式を海外で行い、披露宴は親族だけ、二次会を友人を招いて・・・など。
新郎新婦の個性が出る様になりました。

結婚式という華やかな場所。
その場にそぐわない服装ですと、せっかくの雰囲気を壊してしまったり、
もしかすると「礼儀がなってない」と新郎新婦が文句を言われてしまう結果も。

ぜひ、その様な事の無い様にマナーを守った服装を心掛けたいですね。

 

○白はもちろんご法度!会場のライトによっては・・・。

白は新婦さんだけが着る事が出来るカラーと言われています。
やはり、白のウェディングドレスは女性の憧れですよね。

白は絶対に避けましょう。

また会場に使われているライトによっては、
薄いベージュやピンクは白に見えてしまう事もしばしば。

またドレスが白でなくても、羽織りものが白の場合、
着席した時に見える上半身の白の割合が多くなってしまう事も考えられます。

お店によっては、上記に書いたカラーをオススエしてくるお店もありますが、
幅広い年齢層が参列される結婚式の場合には「マナー違反」と思われてしまう事も。

ドレスのカラー選びはぜひ慎重にしましょう。

 

○極端なミニスカート、露出も。

華やかな結婚式。多少はハメを外してもと思わなくもありませんが、
結婚式はある程度の節度が必要。

最近は胸元が大き目に空いたドレスにアクセサリーをプラスする方も目立ちますが、
あまり胸元だけが強調されるドレスは結婚式ではあまり良い印象を与えません。

また座った際、太ももが丸出しになる様なミニ丈どうかな?と思います。
スカートの丈は膝丈ぐらいの物の方が万人受けしますし、きれいに着こなす事が出来ます。

また最近人気のファー素材、毛皮、皮製品は「殺生」を意味する為、
冠婚葬祭ではNGとされています。

ファー素材は最近人気の為身に着ける方は多いと思いますが、
マナーを気にする参列者からすると気持ちの良いものではないでしょう。

 

○黒ドレスは万能選手。でも暗く見えるのでアクセサリー追加!

黒のドレスは体型カバーも出来る万能選手。
極端に浮いて見える事はありませんが、どうしても暗く見えてしまいます。

男性のや既婚の女性の参列者が多い場合には、黒の割合が増えてしまいます。

カラードレスの方が会場の雰囲気アップにつながります。

どうしても黒を着たい場合には、アクセサリーやヘアで華やかさをプラスしましょう。

 

新郎新婦が主役の結婚式。
その場に華を添える気持ちで、服装のマナーにも気を付けていきたいですね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ