季節の贈り物「春キャベツ」のこと詳しく知りたい!

スポンサードリンク

 

clip_image002

見た目がボールのようにコロっとしていて

葉の巻きがゆるく内部まで黄緑食の葉質が柔らかで、

シャキシャキした食感が味わえる生食のサラダに向いた

キャベツが春キャベツです。

 

選ぶときは、巻きが柔らかく弾力のあるもので葉が綺麗で艶と張りがあるものを選びましょう。

カットしていないキャベツは、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。

カットされたキャベツは切り口部分にラップをして冷蔵庫へ 断面の変色を防いでくれます。

春キャベツは一年中出回っているキャベツより痛みやすいので、お早めにお召し上がりください。

 

春キャベツの旬は4月から6月ですが、3月中旬頃から千葉産や神奈川産の春キャベツが出回ります。

栄養面からみても多彩な働きを持っていて淡色野菜の中ではビタミンCが豊富で、ビタミンKやキャベツ特有の成分であるビタミンU(キャベシン)を含んでいます。

ビタミンU(キャベシン)は、人体にとって必須の栄養成分でないため正式には、ビタミンには含まれていません。

可愛そう~だね。仲間はずれはいけません。

 

キャベシンは胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にして、傷ついた粘膜を修復するために必要なたんぱく質の合成を助ける働きがあります。

抗胃潰瘍作用を持ち胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善する働きがあり、肝臓に余った脂肪が蓄積することによる脂肪肝予防効果もある大変頼もしい栄養成分があります。

お気付きですか?

胃腸薬で知られている「キャベジン」の含有成分の1つであるS-メチルメチオニンスルホニウムクロライドは、もともとキャベツの絞り汁のなかから発見されたことにちなんでS-メチルメチオニンスルホニウムクロライドが別名キャベシンをもつことから、これにちなみキャベジンと命名されたそうです。

 

お勧めレシピ

① 大皿にど~ん と春ャベツをのせ一枚ずつ剥がし取り

小皿に胡麻油に塩を少し加えたものを作りそれを付けてバリバリ食べると美味しいです。

② パスタを茹でて、茹であがり直前に一口サイズにカットした春キャベツを入れて綺麗な緑色に変わったらお湯を切りチーズをふってお召し上がりください。

③ 春キャベツと胡瓜と生姜の即席漬け

食べやすいサイズに切った春キャベツと胡瓜に千切り生姜を加えて塩をふりタッパに入れて上に重石用の小皿をのせ数時間置きます。

ザルで水きりして流水で塩気を落としてからお召し上がりください。

④ 春キャベツをお皿敷きその上に しゅうまいをのせて、レンジで加熱する。

⑤ サンチュでお肉を包んで食べるように、春キャベツで色々な物を包んで食べるのもお勧めです。

春キャベツは、シャキシャキ感が美味しいきゃべつです。

 

季節の贈り物を楽しみましょう。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ