地域に宗派。そして故人の意向も加わり結構気を遣う葬儀

スポンサードリンク

何度経験しても驚く事ばかりの葬祭

☆急な葬儀でパニック?!

仕事中、携帯に家から連絡があった。

「婆ちゃんが昨日亡くなったんだって。」との訃報の連絡でした。

親族の葬儀はここ10年近くなかったので驚いた。

感慨深く思いふける私。

と、同時に危機感が押し寄せてきた。

・・・えっと、まずなにをどうすればいいんだっけ???(大混乱中)

 

☆まずは事前準備品をチェック

まず必要な品と不足品をチェック。

早速調べてみると、

・香典(お金)・・・祖父母への相場は1万~3万。

・香典袋・・・これも絶対必要。

・薄墨・・・香典袋に名前や内袋に住所を書く際使う。

・袱紗・・・香典袋をバックから直接出すってのは女として品がない。

・黒のバック・・・金物や余計なロゴがついていない葬儀用に使えるバックって意外と持ってない。

・喪服・・・遺族となるからには必ず必須。もういい年なので薄い生地や色のうすいのは避けよう。

・靴・・・黒のパンプス。これも普段絶対履かないからないな。

・数珠・・・やっぱりお守りとしての意味もあるし、いい年なので持っていたほうがいい。

全部持ってない。

お通夜いつあるの?!

 

☆遺産問題早くも勃発?!

2日過ぎ、喪主からお通夜の日取りの連絡がきた。

お通夜って、亡くなったその日もしくは翌日等日を見て(大安とか)早々に行うと思っていたんだけど・・・

通夜は亡くなった日から10日以上経った日だった。

なぜ?喪主を決めるのに揉めるからとか??

はたまた遺族で醜い争いが・・・

 

☆火葬場は大忙し

私がいろいろ妄想を繰り広げていたら、なんと答えは単純明快。

火葬場に空きがないんだって!

都心は人が多い。

でも火葬場を作る場所がない。 (そりゃ誰だって自宅近くに人を焼く施設があるのは怖いよね)

火葬場常に満杯。よって葬儀ができない。通夜もできない。となるらしい。

これは少子化問題も重要だけど火葬場問題も重要だね!

 

☆宗教問題は敏感

私自身、無宗教を貫いてる訳ではないけど宗教に興味がない。

人によってそれぞれなんだろうけど、重要視されている方がもちろん多いので
マナー違反にならないよう、細心の注意が必要とされる。

まずは香典。

仏教・キリスト教など香典の但し書きがある。

『御仏前』←仏だもん。神様には使えないよね。

無難にどの宗派でも使える『御霊前』を使った。

次に数珠。

まだ若さあふれるわたくし。(誰になにをアピールだ)

今後どの宗派の葬儀に呼ばれるかわからない。まして仕事してる身。

どの宗派でも問題ない略式の数珠を用意。

微妙な問題なので大変だ。

調べるといろいろある宗派での違い。

気を遣うわぁ~。

まるで会社のお局様への雑談の話題選択するみたく気を遣うわぁ~w

 

☆何度行っても驚くことだらけ

祖母のお通夜の前に髪を整えようと美容院へ。

美容師さんと葬儀について雑談を交わしていると、

美容師:「そういえば、お通夜や葬儀の前に火葬されることもあるって知ってます?」

私:「えっ!知らない知らない。火葬って最後に親族だけですると思ってた!違うの?」

美容師:「地域や宗派によっては、最初にご遺体を火葬→骨壷に入れお通夜→葬儀になる場合もあるみたいですよ。」

全っ然知らなかった。

私の葬儀のイメージ、

通夜後ご遺体傍のお香(火)を絶やさぬよう番を親族で泊まりがけでしていて

子供心にお泊りみたいで楽しんでいたこともあった。

その後駆けつけていただいた方へ挨拶→親族で火葬と思い込んでいた。

だからまず最初に火葬っていう考えが思いもつかなかった。

固定概念。

世間知らずでお恥ずかしい。いろいろ違いがあるのね~。

 

☆政治と宗教は微妙なご関係?!

無事葬儀も終わり、故人との思いを馳せていると、

総理の靖国参拝断念。でも任期中に参拝意欲あり。

なんてニュースが目にとまった。

そしてこれも宗教がからんでいることを調べて知った。

そもそも日本は宗教自由の国。

だから政治に宗教を持ち込んではいけないと決まっている。

だけど総理(国民の代表)の参拝は、靖国神社=国の神社となってしまうという問題もあるんだそう。

これは確かに難しい~。

政治家さんはこういった気遣い気配りもしなくちゃいけないんだね~。

ちなみに某元総理はまた行く気満々って記事も見た(w

個人的に総理=1人の人間だから、個人の自由としてプライベートとして参拝されるのは
私はよいと思っている。

無宗教のような私でも、信仰心あつい方はやっぱり尊敬する。

国内での身内の葬儀1つとっても気をつかう宗教。

今までは無縁だと思っていたけど実は自分と近いことだったと気づいた。

憲法改定の動きもあるようだけど、慎重に審議を重ねて対応してもらいたいと思う。

こっちは香典袋1つでも慎重なんだからさっ。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ