喪中はがきをもらったら、年賀状は出しちゃいけない?

スポンサードリンク

 

11月中旬ぐらいから、お手元に喪中はがきが届いてくる事があります。

身内、友人、会社関係など様々な関係の方がいらっしゃると思います。

喪中はがきを頂いた場合には前もって知る事が出来ますが、
不幸は突然やってくるもの。

既に年賀状を出した後に不幸を知った場合や、
年明けに寒中見舞いが届いて知る事もあると思います。

そんな時に役立つマナーを書いていきたいと思います。

 

○前もって知っている場合や喪中はがきを頂いた場合。

前もって知っている場合には特に問題はありませんが、喪中はがきを頂いて知った場合。

一番ははがきを頂いたお礼とお悔みの言葉を添えて返信すると良いでしょう。

はがきでもお手紙でもどちらでも構いませんが、
一言送るだけで相手への気遣いにもなると思います。

海外ではクリスマスカードは喪中等が関係ない為送る方がいらっしゃるようです。

しかし、日本ではあまり浸透していない事もあり、逆に悪印象を与えてしまう事も。

もし送る場合には「HAPPY NEW YEAR」等のお祝いの言葉を避け、
あまり派手な模様のカードは選ばない方が良いと思います。

もし出す場合にも一言添えて出してみましょう。

 

○既に投函した後に喪中と知った場合。

もし行き違いで自分が投函した後に喪中を知るケースもあると思います。

その場合には相手の方に連絡を入れておきましょう。

通常のはがきを使用してかまいませんので、非礼をお詫びする言葉を記載してください。

その後年明けに寒中見舞いを出せば完璧です。

いずれの際にも年賀状のデザインやカラーについては気を付けて下さい。

「喪中はがき」というのは、「喪に服している為、新年のご挨拶は遠慮する」といった
内容となっています。

喪に服している人に「送ってはいけない」という意味ではありません。

しかしやはり伝統を重んじる日本では、この様な場合に送ってしまうと、
相手の心象を悪くしてしまう事もあります。

相手の方もデリケートになっている事ですので、
最前の注意を払っていきたいものですね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ