古くからの日本の風習「事納め」・「事始め」とは

スポンサードリンク

 

事納めという言葉を聞いた事がありますか。

辞書では物事の仕納めと書かれていますが、実際はどのような意味があるのでしょうか。

 

2月8日に1年中の農の事始めといい、12月8日にこれを終える事を事納めと言います。

江戸時代には2月8日に正月の儀式を終わる事を事納めとしていました。

俳諧歳時記栞草では誤りとされています。

 

地方では御事終い、御事始めという所もあります。

関東や中部地方ではこの日に「一つ目小僧」という魔物が来るので追い払うまじないとして目駕籠を家の出入り口にかけたり、竿を屋上に立てました。

また他の地方では籠にひいらぎを刺して一つ目小僧の目を突き刺すと言われ魔除けになっているそうです。

「御事汁」といって芋、大根、ごぼう、豆腐、小豆がみそ汁に入った物を食べていたそうです。魔除けの為に食べる風習があったそうですよ。

今では魔除けにニンニクや目駕籠を掲げている地方もあります。

 

旧暦の12月8日と2月8日を「事八日」(ことようか)といい、この日は事を始めたりおさめたりするのに大切な日なので様々な行事が行われました。

事八日には、江戸時代から続く「針供養」が行われます。

折れた針を豆腐やこんにゃくに刺して川に流したり、神社におさめる所もあります。

由来は裁縫の上達を願ったり、色白美人になる、まめに働けるようになるなどがあるので1日中針には触らない方がいいでしょう。

針仕事はお休みです。

この日に妖怪が家に来ると言われていました。

「事」は祭り事を表す物で「コトノカミ」という神様を祭る祭りで、年に2回あります。

それが12月8日と、2月8日なのです。

コトノカミは「年神様」か「田の神様」かによって事初めと事納めの時期が違います。

年神様の場合、神様の事始めは12月8日で事納めは2月8日です。

年を司る神様を迎える為に正月行事の準備をします。

準備開始の日が12月8日で後片付けやすべてを完了するのが2月8日です。

そして春を迎えて人々の日常が始まります。

 

神様の事始めが12月8日ならば人の事始めは2月8日ですね。

年神様を迎える正月行事を終えて、人々の日常が始まりますね。

2月8日の旧暦を今の暦で言うと3月中旬になります。

春が来て農作業を始め、人の1年の営みが始まります。

ようは農業をしている人にとっては仕事納めになるのですね。

12月8日から2月8日は農閑期(農業のひまな時期)や厳冬期(寒さが厳しい時期)なので外での作業は避けて中にいるベきと言われていました。

 

事始め、事納めにはこのような意味があったのですね。

日本の文化を少し学ぶ事ができました。これからも行事などを勉強したいと思います。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ