卒業式の定番ソング。思い出の曲は何?

スポンサードリンク

―卒業式

どこの学校でも校歌と共に様々な曲が歌われますね。

以前は学校の先生が決める事が多かったと思いますが、
今は生徒主体で決める学校もあると聞いています。

昔と今ではだいぶ歌われている曲が違う様です。

さて、あなたの思い出の曲はなんですか?
良く歌われている曲をピックアップしてみました。

 

○昔からの定番の曲は。

・旅立ちの日に

埼玉県の中学校の校長先生が作詞した曲として有名ですね。

いつしか全国区の歌になり、今ではかなり多くの中学校で歌われています。

ゆったりとした曲から途中で転調し、前半部分と後半部分ではイメージが
大きく変わります。

 

・蛍の光

原曲はスコットランド民謡ってご存知でしたか?

日本ではお店が営業終了する時等に流れたりする事も多いですね。

最近ではあまり歌われなくなってしまった様に感じます。

 

・仰げば尊し

蛍の光と同様、以前では定番の曲でした。

卒業ソングといえば…これと出てくる方も多いのではないでしょうか?

 

・大地讃頌

中学校合唱曲の定番曲ですね。

混成四部合唱で歌われています。

この曲は男性パートがしっかり安定しているとそれだけで、
重厚感満点のすばらしい聴きごたえのある曲になります。

 

○最近はJ-POPも増えてます。

卒業式直前のシーズン。体育館前を通ると聞こえてくる合唱。

その中には最近のJ-POPも含まれています。

・YELL/いきものがかり
・未来へ/kiroro
・さくら/森山直太郎
・桜/コブクロ
・栄光の架け橋/ゆず

 

「YELL」という曲は平成21年度NHK全国学校音楽コンクールの課題曲としても
使われた曲です。

歌う生徒としても自分たちが普段から良く聞く楽曲を
卒業式で歌えるというのは強く印象に残ると思います。

 

○すごく難しい印象しか残っていない「河口」

中学校の時に歌った記憶がある曲「河口」という合唱曲。

ピアノの演奏もさる事ながら、全体的にキーが高い曲でした。

音程も難しく、卒業式直前までうまく歌えなかった記憶があります。

 

ぜひ、実力のある学生さんに挑戦して頂きたい曲です。

特にソプラノパートの頑張って頂く曲です。

 

今は本当に様々な曲があるんですね。

卒業式は大切な思い出の一つとして残ります。

ぜひ、ご自身が歌った合唱曲、思い出してみて下さい。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ