出来るビジネスマンは新年から違う!新年の挨拶で一歩先へ。

スポンサードリンク

 

年末年始はビジネスマンにとって、忙しい時期の一つですね。

以前は企業として年賀状を出している所も多く、
新年の挨拶として活用していたと思います。

しかし、昨今叫ばれる「経費削減」という理由から、
年賀状を廃止している企業も多いと聞きます。

少し手間がかかるかもしれませんが、
相手に顔を思い出してもらうチャンスです。

新年の挨拶、しっかりやってみましょう。

 

○最も簡単なのは?やっぱりメール?

一番手軽な挨拶の手段はやはりパソコンのメールでしょうか?

今は名刺交換をすると大体、社名・部署・名前・メールアドレスが
記載されています。

そのアドレスに送信すれば、相手がお休みやお仕事が忙しくても、
邪魔をする事なく新年の挨拶が出来ますね。

ここで気を付けたいのが、中には個人アドレスでは無く、
部署やチームでの共通アドレスしか記載が無い場合。

以前、私が勤めていた会社でも個人アドレスはほんの一部の人間しか無く、
共有メールアドレスを使用していました。

その時は内容にも十分配慮したいですね。

いくら親しい仲とはいえ、あまり砕けた文面では印象が良くありません。

しっかり確認をしてから送信したいものです。

 

○文章を考えるのが少し苦手なんだけれど。

インターネットが普及した今。

ほとんどの情報がインターネットで手に入れられますね。

文章を考えるのが苦手な方もぜひインターネットで検索してみてください。

「新年 挨拶 ビジネス」

そんな単語を打ち込めば、逆に悩んでしまうぐらいの候補が出てきます。

その中から自分にあったサイトを見つけて作成していきましょう。

 

新年の挨拶は、相手の方と仕事を一緒にしていく上で、
大切な事の一つである事は確かです。

ぜひ、自分の仕事が円滑に進むように一つ頑張ってみてください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ