一戸建てもマンションも。住宅選びのポイントまとめ

スポンサードリンク

 

一人暮らしや友達、家族で住む新居をお探しのあなた、住宅選びに困っていませんか。

そこで住宅選びのコツやポイントを紹介します。

まず始めにどんな家を探しているかです。

マンションや一戸建て、賃貸などたくさんありますよね。

それぞれのポイントを紹介します。

 

マンションを選ぶときのポイントは物件をしっかり見ること。

いくつか物件情報を調べて、自分達に合う条件を探すことが良いでしょう。

新築マンションは設備が充実しているので魅力を感じますが、焦って決めないで他の物件も見てからじっくり考えた方が良いです。

5段階評価で書いておくと候補リストがわかりやすく見られると思います。

間取り図も重要です。

広さや日当りだけでなく、生活するとして物の配置を考えたり、生活スタイルをイメージすると自分にあったマンションかがわかります。

 

2つ目のポイントは、時間です。

朝から夜までのライフスタイルを見て混雑する時間、騒音、夜道のことを考えてみましょう。

そうすると快適な物件かを確かめることができます。

他にどのくらい住むのかを考えます。

年数によってはライフスタイルが変わっているかもしれません。

例えばお子さんが3歳の時にマンションに住んで10年経って中学生になるとします。

その頃には自分の部屋を持つようになりますし、家族で住むには広くなければなりませんよね。

未来設計を考える為にも、表にして書くと便利ですよ。

 

最後は周囲環境です。

マンション選びの際は駅や学校、スーパーなどが近いところを選びたいですよね。

他には管理についてです。

郵便受けやエレベーターホールの提示版を見るときちんとしているかがわかります。

きちんとしている所では最新情報が提示されているはずです。

駐輪場や各階の廊下を見て考えるべきです。

 

次に一戸建てです。

一戸建ての場合、土地を買わなければなりませんが利便性を考えると高価格になるので駅から離れた所に立てる人が多いです。

景色のきれいな所に住みたい、子育てできる環境に住みたいなど条件は人それぞれです。

間取りも広さも住んだときのイメージをしておくと建てたときにどのようになるかがわかると思います。

じっくり考えることがポイントですね。

これらのことを見ていくと自分に合った物件が見つかるはずです。

賢い住宅選びは、良き不動産業者を見つけることです。

業者さんは知識が豊富で質問に対して答えが的確で詳しく説明してくれるのはキャリアがある人です。

わからないことでも調べて連絡してくれると信用できますよね。

 

これから住宅選びをする方に参考にしてもらいたいです。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ