ワクチンで予防できるガン「子宮頸がん」。しかし問題も!

スポンサードリンク

 

子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんを、子宮頸がんといいます。

子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。

たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大で、がんがもっと進行した場合、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。

 

子宮頸がんは 原因やがんになる過程がほぼ解明されている予防ができるがんです。

また、子宮頸がんは、初期には全く症状がないことがほとんどですから定期的に検診を受けることで、がんになる前に発見し、子宮を失わずに治療することが可能です。

子宮頸がんは遺伝などに関係なく、性交経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。

近年では20代後半から30代に急増、若い女性の発症率が増加傾向にあります。子宮頸がんは、乳がんに次いで多い癌です。

 

子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されているHPV 16型とHPV 18型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。

日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。

感染を防ぐために3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。

しかし今、問題なのが・・・

 

「子宮頸がんの撲滅」をうたって国が勧めてきたワクチン接種(ワクチン名:サーバリックス)が、それまで健康だった若い女性たちに、激しい痛みやけいれん、歩行困難といった重い副作用を生んでいます。

接種後、異常を訴える報告が続出しました。

2013年3月までに接種した推定328万人のうち、製薬会社や医療機関が厚労省に報告した副作用発生者は約2千人。

このうち357人が「重篤」です。

他のワクチンと比べると、子宮頸がんワクチンの副作用の発生率はきわめて高いです。

 

共通する病状の一つは「身体のあちらこちらに現れる痛み」です。

指先に触れても痛くて跳び上がるほどだそうです。

指先が痛むからペンが持てない、メールも打てない。激しい頭痛に悩まされる人も多いようです。

子どもたちに言わせると、「スプーンで目をえぐられるような」「ハンマーで殴られるような」痛みのようです。

けいれんも多く「びくんびくん」「バタバタ」と、魚のように体がはねる。

貧乏ゆすりのように肩や足首が動き回る。

寝ているときに腕や足が勝手に動いて周りにぶつかるから、起きたときに青あざになっていることもあり しびれや脱力、力が入らず、立てない、歩けない。

失神を繰り返す人もいます。

光がまぶしくて目がチラチラする人も多くものがすべて二重に見え、本が読めない 不正出血、生理がなくなったなど自分の体調の変化に絶望し、自殺未遂も自傷行為も報告されています。

 

厚生省は現在子宮頸がんワクチン推奨を一時中止しています。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ