メールも良いけど・・・熱い夏には暑中見舞いを!

スポンサードリンク

 

♪暑中~お見舞い申し上げます♪と言う歌詞の歌が昭和時代にありました。

はい!わたくし昭和生まれです。

 

暑中見舞いは、本来は、一年で最も暑い時期に相手の健康を気遣う趣旨のものであるが、現在は単なる社交辞令となっている面もあります。

わたくしには、毎年絵手紙を送ってくれる友人がいます。

返事は、パソコンとプリンターを利用したはがきか市販の絵ハガキ・・・ごめんなさい!絵心皆無のもので・・・。

暑中見舞いの期間の起点については、夏の土用(立秋前の約18日間)とするものや、暑中の期間(小暑から立秋前日の約1ヶ月)とするものがある。

また、梅雨明け以降を条件に加えるものもあります。

 

立秋以降に、人を見舞うことや手紙を出すこと、または、その手紙や贈り物のことは残暑見舞いという。

残暑見舞いの期間の終点については、特に日付を指定しないものや遅くとも8月までとするものがあります。

clip_image002

 

暑中見舞い その歴史は古く、江戸時代以前まで遡ります。

かつて人々は、一年を二期と考えていました。

その始まりが、今で言うところの正月とお盆だったのです。

そして人々は期の始まりに、贈答品を持ち挨拶周りを行い相手の方を気遣いまた、その期の感謝をするのです。

これはとても重要な事とされていました。

身分制度がしっかりと根付いていた時代。

身分の高い人は訪問を受け、低い人は訪問周りを行うのが常識でした。

ですが、さすがに遠方の方を訪問することは難しく、飛脚便などを使って書状を送ったのだそうです。

この習慣が、明治維新後の明治6年、日本のはがき郵便配達が始まったのを機に、遠方の方以外にも挨拶状を送るという習慣として広まります。

お中元

中国古来の祭りごとである上元・中元・下元の三元の内7月15日の中元と、 日本古来のまつりごとの一つである7月の御霊祭における贈答習慣に加えて伝来した 佛教の7月15日に行われる盂蘭盆会(読ミウラボンエ:サンスクリット語の「ウランバナ」の音写語)が重なったことにはじまるようです。

暑中見舞い

暑中見舞いのご挨拶は土用(7月19or20日~8月6or7日)の18日間に行うのが礼儀です。

お中元の贈答時期が忌中にかかって外す場合はこの時期に暑中見舞いとして行う。

携帯電話の普及により郵便の量が減っているそうです。

携帯電話やパソコンメールを利用して、夏の土用の期間に気になる友人に「お元気ですか?」と送ることにより繋がりが途絶えることなく続くでしょう。

しかし近年の異常気象で、土用に時期が暑いとは限らないのが悩みです。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ