ビックリするほど体に良い!玉ねぎ水を調べてみました

スポンサードリンク

 

「たまねぎ氷」の魅力はまず、健康に良い作用がたくさんあるということです。

「たまねぎ氷」考案者であり、料理研究家で管理栄養士でもある村上祥子さんによると、玉ねぎの効能は多岐にわたり、「血糖値を下げる」「血管若返り」「抗がん作用」などなど。

さらに「冷え症の緩和」「脂肪の取り除き」「便秘封じ」という女性には嬉しい効果があります。しかも「たまねぎ氷」は美味しいのも魅力です。

加熱した玉ねぎを使うので、辛味や独特の匂いがほぼなく、玉ねぎの甘みがギュッと濃縮されます。たまねぎ氷愛用者たちの間では“天然のうまみ調味料”と言う人もいるほどです。

玉ねぎを毎日の食事で食べようとすると大変ですが、作り置きたまねぎ氷なら普段の料理や飲み物にポンとそのまま加えるだけで効能が得られます。

刺激成分:イオウ化合物 (イソアリイン、チオスルフィネード)
たまねぎを切ると鼻にツーンときて涙が出ます これはイソアリインによるものです。

 

血液をかたまりにくくし、血液の流れをよくする働きがあります。

高コレステロール・消化不良に、疲労回復、肌荒れ、不眠イライラに、カルシウムの吸収を助ける作用があります。イソアリインは水に溶けるので、水にさらしてしまうと効力を失います。

甘み成分:オリゴ糖
腸に働きかけて乳酸菌の材料になります。乳酸菌の働きが活発になると便秘を予防、食物アレルギーや鼻炎なども改善されます。

色素成分: フラボノイド
毛細血管を保護して丈夫にし、血圧の上昇を抑える作用があります。抗酸化作用が高く、ガン細胞の生成を抑え、血糖値の上昇を抑え、抗ウイルス、抗ストレスなどの作用があります。

ミネラル:セレン
ガン、生活習慣病、老化現象の原因になる強い活性酸素を除去する強い抗酸化作用があり免疫機能を高め、肩こり腰痛、冷え性の改善にも効果があります。

ファイトケミカル:ポリフェノール (グルタチオン酸、ケルセチン)                                     血管内壁につく脂肪(=さび)を分解し、血管をしなやかにします。その結果、血圧は下がり、動脈硬化を予防することにもなります。この作用は糖尿病、高血圧、高コレステロールといった三大生活習慣病の予防・改善に効力を発揮します。

グルタチオン酸はシミ、くすみを薄くし、肌荒れや老化防止に。ケルセチンは腸内にたまる脂肪を排出し、肥満防止に役立ちます。

 

作り方

① 玉ねぎの皮をむきポリ袋に入れてレンジで加熱

② ポリ袋にたまった汁ごとミキサーに入れて水も加えてトロトロになるまで撹拌します。

③ 冷めたら製氷皿で凍らせる。

使い方

① みそ汁に入れる

② スープやカレーの煮込み料理に入れる

③ 卵かけご飯に

 

市販品でタマネギ氷・えのき氷・かぼちゃ氷・トマト氷・生姜氷などもあるようです。

 

http://store.shopping.yahoo.co.jp/taka-tama/index.html

http://www.famima.com/shop/g/g0490000044532/

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%81%88%E3%81%AE%E3%81%8D%E6%B0%B7/-/p.1-s.1-sf.0-st.A-v.3

 

この先どんな食材の氷商品が誕生するのでしょう。楽しみです。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ