バレンタインの義理チョコってなんだろう?

スポンサードリンク

 

clip_image002本命チョコ、友チョコ、自分チョコ・・・

そして、義理チョコ。

そもそも義理チョコって何でしょう?

 

○義理チョコとは?

一般的に女性がバレンタインの日に恋愛感情を伴わない男性に対し、日ごろの感謝の気持ちを込めて、もしくはホワイトデーの返礼を期待して贈るチョコレートのことを言います。

日本特有の文化と言えます。

義理チョコは、感謝の気持ちやコミュニケーションの円滑化を目的としています。

付き合いの深さや好感度によっても格差が設けられ、社交辞令で渡している人もいるようです。

 

○義理チョコ反対?

贈る側ももらう側も「面倒」と言うのが本音でしょう。

職場や学校で配布するのが義務化している場合やいわゆる「三倍返し」を期待されて渡されるチョコに辟易する場合に

「義理チョコなんていらない」という感情が生まれてくるようです。

また、「みんなに配る」の「みんな」に含まれずにあぶれる人が必ずいたりするのも反対の理由のようです。

 

○義理チョコマナー

職場で配る場合は、他の女性社員と一緒に配るか、もしくはグループで渡すのが良いでしょう。

また複数の男性に1人で渡す場合には、同じ値段の同じチョコを渡しましょう。

みんなが揃っている時に渡すのが良いですね。

一言「いつもお世話になってます」などと声をかけるのもGOODです。

 

○義理チョコを手作り

手作りの義理チョコに関しては賛否両論ですね。

気にしないという方もいれば、気持ち悪いと言う方もいます。

例えば既婚者の方の場合、たいていチョコを貰ったら家に持ち帰り奥様に渡すでしょう。

奥様からみたら、義理チョコだろうが手作りは嫌な気分になるようです。

どんな風に作ったのかまったくわからないというのもあります。

相手の方のその先まで考慮すると、市販のものを贈るのが無難だと思います。

もし、大量に作ったのであれば男性女性問わず、会社のみんなで食べると言う風にした方が良いかな?と思います。

義理チョコは基本的に感謝の気持ちを伝える手段として渡せばいいのかなと思います。

もちろん、「不要」と思っている人もいますから、無理をして渡す必要はありません。

風習とか義務とかではなく、贈りたいと思う人がいれば渡せばいいものだと思いますよ。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ