カップルで行くと別れる?!成田山新勝寺

スポンサードリンク

 

新春のイベント『初詣』。

人気の初詣スポットで、1年を活気づけませんか?

 

■成田山新勝寺とは

千葉県成田市にある成田山新勝寺は940年に寛朝大僧正によって開山されました。

御本尊は不動明王です。日本各地に新勝寺の別院があり、そこを「成田山」と呼ぶ事もあるようです。

大本堂は300畳の広さ。こちらで「御護摩祈祷」が行われます。

参拝客は1年を通じて多く、三が日では約300万人が訪れると言われます。

これは日本全国の初詣参拝客ランキングで明治神宮に次ぐ2位の人出です。

最寄りの京成成田駅かJR成田駅から、約1キロの距離にあります。途中の表参道には風情のある店が多く立ち並び、見て歩くのも楽しいです。

通常ですと歩いて10~15分程度で境内に着きますが、元旦の参拝ともなりますと当然のことながら大変混雑します。

 

■新勝寺の見どころ

広い大本堂以外にも、新勝寺には見どころがいっぱいあります。

高さ58mもある『平和の大塔』や、華やかな『三重塔』、彫刻が美しい『釈迦堂』。

江戸中期の貴重な建物である『光明堂』、絵馬などを掛ける『額堂』。

そして、現在は回せませんが、本来なら回すだけで功徳を得られるという『一切経堂』。

商売繁盛の『出世稲荷』、『聖徳太子堂』。

あとは亀のたくさんいる池があったり、占い師の方も軒を連ねるとか。

初詣以外にも、行ってみたくなりますね。

 

新勝寺の御本尊は『不動明王』です。

顔は怖いですが、とても優しい明王なのです。

不動明王は「諸願成就」を果たしてくれると言われます。

成田山新勝寺は特に「家内安全」、「交通安全」の祈願に訪れる人が多いと言われています。

 

■「カップルが別れる」というウワサ

「成田山にカップルで行くと別れる」・・・なんていうウワサがあるようです。

なぜこんな噂が囁かれているのでしょう。

「女の神様が嫉妬して別れさせる」と言われているらしいのですが、新勝寺の御本尊は『不動明王』ですよね?・・・と思っていたら、ありました。

なんと総門近くに「弁財天堂」が!

 

『弁財天』は女の神様で「嫉妬深い」と言われています。

ですから、巷で「カップルが別れる」と噂される所にはたいてい『弁財天』がいるんですね。

しかし新勝寺の光明堂には『愛染明王』もいます。

こちらは「良縁成就」の神様です。

ですから成田山に行ってカップルが別れるという話は、単なるうわさに過ぎないのではないでしょうか。

 


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ