どうなる日本?!消費税引き上げ!!

スポンサードリンク

 

消費税が上がるとニュースで話題になっていましたね。

最初は1989年4月1日に執行された3%でしたね。

そして1997年には地方消費税の導入と消費税の引き上げにより、地方消費税(1%)と消費税(4%)を合わせて5%になりました。

2013年10月1日の消費税の引き上げを閣議決定されました。

 

非居住者は輸出免税の規定が適用されるので、消費税は免除されます。

しかし、国内での飲食や宿泊、国内の資産の運送や保管などは消費税が免除されません。

 

課税事業者届出書は課税売上高が1000万円を超えると課税事業者となる手続きをするのです。

消費税法とは、業者と資産などが移転するにつれて違うところが負担するようになり最終的には消費者が負担することになることで、納税義務者は売り上げにかかる消費税額から仕入れにかかる消費税額を排除した額を納税することです。

納税義務者とは国内では事業者、輸入取引では外国貨物を保税地域から引取る者を言います。

消費税の課税機関は1年とされていますが、中間申告制度があります。

中間申告制度は年間に安定した収入を確保するためにもうけられているのです。

中間申告が必要な者をあげると個人は前年、法人は前事業年度(前課税期間)の年税額が48万を超える者です。

確定申告は必要です。

財務諸表とは企業の状態を知るもので決算期になると発行し、好調なのか不調なのかを判断します。

決算書と呼ばれることもあります。

 

2014年4月1日から消費税の税率が5%から8%に引き上げられます。

消費税増税のメリットは、金利を低く抑えられることや税収が安定し、様々な施策に予算を振り分ける音ができるのです。

社会保障制度が安定します。

一方、デメリットは、国民の負担が増えることです。

もし減税しても経済全体流れが悪くなり、国内の企業に悪影響が出るかもしれません。

もしかすると給料も減らされるし、失業者が増え、生活が苦しくなるという点があります。

2015年には10%にまで引き上げる予定です。

 

切手の値段もあがるのでしょうか。

消費税法では非課税取引とされています。

また新しいデザインのアンケートをしているそうです。毎年たくさんの絵柄の切手が販売されていますね。

どんなデザインになるか楽しみですね。

 

消費税の引き上げは国民にとっては大きな負担になりそうですね。

これにより日本経済はどうなるのでしょうか。

様々な問題を抱えている日本は一つずつ解決することができるのでしょうか。

2020年に東京オリンピックを開催するのでそれまでの見通しはたっているのでしょうか。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ