おせち料理の定番「黒豆」を簡単に調理しよう!

スポンサードリンク

 

お正月の定番といえば「おせち料理」ですね。

今はデパートやレストランで簡単に購入する事も出来る様になりましたが、
昔はどこのご家庭でもしっかり一品ずつ作っていました。

しかし全部作ろうとするとかなりの時間と労力が必要な事も確かです。

おせち料理の中でも最も難しいとされるのは「黒豆」だと思います。
あの固い豆をふっくらと柔らかく仕上げるのは非常に根気がいるのです。

買ってしまえば早いのですが、市販されている物は砂糖をしっかり使っていて、
カロリーが気になったりします。

その難しい黒豆もコツを知れば、簡単に仕上げる事が出来ます。
ぜひ、今年は自分で黒豆を煮て、家族内での評価をアップさせませんか?

 

○黒豆がお正月に食べられるのは?

おせち料理にはそれぞれのメニューに意味が含まれています。
黒豆の色である「黒」は、道教において邪除けの色とされています。

また黒く日焼けする程、マメに働けるように、
邪気を払い無病息災を祈る為だとされています。

また長期保存も可能という事もあり、
年末に精一杯働いた後のお正月は少し楽をする為に適したメニューと言えるでしょう。

 

○炊飯器でラクチン黒豆!

一般的に黒豆を煮るには、お鍋で煮るというのが多い様ですが、
ここはスイッチを入れるだけで出来る「炊飯器」で作ってみませんか?

上記サイトでは「おかゆモード」で炊飯と書いてありますが、
炊飯モードが無い炊飯器では「白米モード」で炊いてもOKです。

固かった場合には再度炊いて、お好みの固さになれば大丈夫!

炊飯器で作ると、微妙な火加減を調節したりする事が無く、
スイッチ一つで完成します。

年末の大掃除やお買いものの作業の合間にセットをして、
時間を有効的に使う事が出来ますね。

 

○圧力鍋でやってみると?

炊飯器で黒豆を作るのはすごく簡単です。
しかしつやつやとした色を出すには、お鍋で煮た方が出やすいでしょう。

昔はひたすら時間をかけて煮込むしかありませんでしたが、
今は主婦の強い味方「圧力鍋」という物があります。

圧力鍋なら短時間でふっくらと作る事が出来ますね。

また煮込む際に赤錆がついた「釘」と「重曹」を入れる事で、
さらに発色が良くなるといわれています。

手間をかけて美味しく作りたい方にはオススメです。

 

○しわが寄らないように作らなきゃいけない?

煮る際に煮汁に浸かっていなかったり、
急激の温度変化で一気に表皮にしわが寄ってしまいます。

やはりしわが無い物の方が見栄えもきれいですし、美味しそうに見えますよね。

ただ、地方によっては「長寿を願う」という意味で、
わざとしわを寄せたりしている所もあるようです。

あまり難しく考えずに「美味しい黒豆」を作る事を考えて、
作った方がいいかもしれません。

 

黒豆は本当に調理が難しいとは思いますが、
コツをつかんでしまえば決して難しくはありません。

ここまでの効果があるのであれば、ぜひ自分で作って健康的に過ごしたいですね!


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ