いろいろなスポーツを楽しむ!国体についてまとめました

スポンサードリンク

 

国民体育大会とは、毎年1月に行われるスケートとアイスホッケー種目、2月に行われるスキー種目そして9月から10月の秋の大会の3つの時期に行われる日本のスポーツ大会です。

国体と略されることがあります。

参加できる年齢は中学3年生以上です。

会場は年によって開催される場所が異なります。2013年の会場は東京です。

たくさんの市や区で開催されます。

 

2013年の国民体育大会本大会は9月28日〜10月8日でした。

2013年の国民体育冬季大会は平成25年1月26日〜2月1です。

実施競技はスケートとアイスホッケーの2競技でスピードスケート、ショートラック、フィギュアスケート、そしてアイスホッケーの4種目あります。

リハーサル大会は今年の6月に山岳、陸上競技、馬術競技、7月にはクレー射撃競技が行われました。

他にもたくさんの競技のリハーサル大会が行われています。

リハーサル大会とは、大会の大会運営能力を確認する為に翌年に開催される国体の競技を会場で行うことを言います。

リハーサル大会から国体について学び、応援やボランティアなどに参加してもらえるように各区市町村で準備をしています。

 

2013年9月30日に行われた第68回の国民体育大会の自転車競技にはトラックレースとロードレースがあります。

トラックレースには個人種目5種目と団体2種目があります。

故人5種目では完走タイムやゴール順位、ポイント獲得などで順位が決められます。団体競技はチームワークで交代しながら行います。

初日はロードレースから始まりました。

コースは八王子市、あきる野市、桧原村、奥多摩町をまたぐ市街地から山岳部へ向かいます。

今回のコースは1964年の東京オリンピックで使用されたコースです。

ロードレース種目は2種類あって、少年男子と成年男子があります。少年男子の距離は68.2kmで優勝した人のタイムは1時間56分54秒でした。

成年男子の距離は101.1kmで優勝した人のタイムは2時間35分22秒でした

 

他にはセーリングという競技があります。

セーリングは帆に風を受けて風の力だけで進む競技です。

ウィンドーサーフィン1種目とヨット4種目が行われます。球技の種目もあります。

ハンドボールといって1チーム7人がパスとドリブルでボールを運び、相手チームのゴールに入れるゲームです。

試合はトーナメント方式で行われます。

 

国体ではボランティアを募集していました。

活動内容は手話や要約筆記我できる人を募集し、全国から参加する聴覚障害者に通訳や案内業務などを行います

選手や役員、観客として活動する人がいます。国体当日以外にリハーサル大会にボランティアをする人がいます。

来年に冬季国体が開催されますね。どんな選手が参加するのか楽しみですね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ