いよいよお正月準備開始。飾りってどうすればいいの?

スポンサードリンク

 

「もういくつ寝ると お正月」

童謡「お正月」では子供のお正月を迎える楽しそうな気持ちが
歌われていますね。

しかし、準備をする大人はさぁ大変。

大掃除、おせち料理、帰省する方は帰省準備などなど。

子供とは全く違った期間ですね。

 

さて。

お正月には玄関付近にお正月飾りを取り付けるご家庭もあると思います。

今はスーパーやディスカウントショップ等でも気軽に購入出来る様になっていますね。

でも、知っていました?色々細かいルールがある事を。

ここではそのルール等について記載していきます。

 

○お正月飾りは何がある?

「お正月飾り」といっても、実際は様々な物があります。

特に多いのは玄関先に飾られる物で「門松」「しめ飾り」。

自宅内に飾られる物では「鏡餅」「神棚飾り」等がメジャーでしょうか。

古くからあるお家では、代々受け継がれていたりするものもあるようです。

ただ、今はマンションにお住まいの方も多く、門松等はあまりみかけなくなりましたね。

しめ飾りは玄関の扉に設置しているお宅はまだまだあるようです。

ぜひ、ご自宅にあった飾りを選択していきたいですね。

 

○飾っちゃいけない日があるんです。

現在は12/25のクリスマスまではクリスマスの飾りつけをし、
それ以降にお正月飾りをするお宅が増えてきました。

日本古来では12/13~12/28の間に取り付けるのが一般的です。

29日は「苦待つ」という理由から取り付けるのを避けた方が良いとされています。

また31日は「一夜飾り」と言われ、神様に誠意が無いと言われ避けるとされています。

28日までの取り付けが難しいのであれば、30日に取り付けをしましょう。

 

○そのまま捨てたら、神様に失礼!

取り外しは「松の内」が終わってから、取り外します。

松の内は地域によって7日の所と15日の所があります。

一般的には7日の朝、七草粥を食べた後に取り外しどんど焼きで燃やします。

ご自宅で燃やすのが難しい場合には、
15日に神社で行われる「どんど焼き」で燃やす事も出来ます。

なおどんど焼きで焼いたお餅を食べると「無病息災」で過ごせるといわれています。

 

お仕事で忙しい方や近くに神社が無い方は、
通常の燃えるごみとして出さざるを得ません。

しかし、神様の為に取り付けしていたものをそのまま捨てるのは、
少し気が引けますよね。

出す際には、お塩でお清めし新聞紙で包みます。

他のゴミとは別の袋にそれだけを入れて出す事をオススメします。

信仰心の無い方も多いとは思いますが、一度は神様にお供えした物ですので、
気になる方は上記方法をお試しください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ