いつ出して、いつしまう?お正月飾りアレコレ

スポンサードリンク

 

もうすぐお正月。門松、しめ縄、鏡餅・・・しきたりとか準備とか結構大変かな?

でも季節感を楽しみながら、インテリアとして飾ってみるのもアリかも!?

 

■お正月の準備・片付け

「お正月」というのは年の始めにあたり、一年間家を守ってくれる年神様をお迎えする行事です。

そして「正月飾り」とは、正月に向けて飾られる縁起物の事です。

門松を立て、しめ縄を張り、鏡餅を供えて、年神さまを迎えます。

ところで、いつまでに準備するものなのでしょうか?

 

正月飾りは、年末に大掃除をして家を清めた後、末広がりで縁起の良い28日、あとは30日あたりに飾るのはどうでしょう。

29日は(二重苦)などと言われますし、31日は(一夜飾り)と言われて、避けるべきとされています。

 

そして片付けるのは松の明ける1月7日。

鏡餅は11日まで飾っておき、その後「鏡開き」をしてお餅を食べます。

地域によって多少異なるかもしれません。

神棚のしめ縄などは一年間飾ります。

正月飾りは小正月(1月15日)に神社で焼却するのが良いとされていますが、近くに神社などない場合は、ゴミとして出す事もあります。

その時は無造作に出すのではなく、小さく切り、丁寧に新聞紙などに包んでから処分するとよいでしょう。

 

■『門松』

門松とは、お正月を迎えるにあたり、門や玄関に置く松飾りのことです。

松と竹と梅をあしらった大きなものを飾れる所は良いのですが、スペース的にも無理がある場合、簡略化したものを飾る事もあります。

その時は、松の小枝に水引をつけた雄松・雌松を対で門柱や玄関の脇に取り付けます。

向かって左側に雄松・右側に雌松を飾ります。もっと簡単に門松が印刷されたものや、置き物風なものもあります。

 

 

■『しめ縄』

しめ縄(〆縄)とは、神聖な場所と他とを区別するために張る縄です。

神社の神殿や鳥居に張られているのを見た事があるでしょう。

そのしめ縄に様々な縁起物を飾りつけた「しめ縄飾り」ですが、クリスマスのリースのように自分で作ったものを飾るのも素敵ですね。

 

 

■『鏡餅』

「ハレ」の日の食べ物とされていたお餅を昔の鏡に似せて形づくり、年神様にお供えしたものが「鏡餅」。

お餅の円い形は「家庭円満」を、重なっているのは「かさねがさね」幸せが訪れるように、という意味が込められています。

最近ではカビも生えずに、飾りなども付属で付いてくる真空パックの物が売られています。

下に敷く「紙垂(しだ)」などは折り紙のように折る事も出来るので、お子さんと作っても楽しいかもしれません、

 

飾る場所ですが、一般的には「床の間」もしくは「居間」とされています。

人の目線より高い位置にお供えしましょう。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ