大型免許の所得条件とその費用はどれくらい?

スポンサードリンク

大型免許の所得条件に年齢や視力はどのように関係してくるのか?

そして大型免許を取得するのにどのくらいに費用がかかるのか?

そこらへんを私なりに調べてみました。

 

大型免許の所得条件とその費用はどれくらい?

 

大型免許を取ろう。

大型免許をとるために少しだけ内容を紹介しましょう。

大型自動車とは車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上、

乗員定員数30人以上の自動車のことを言います。

 

免許の条件は普通免許または大型特殊免許の運転歴が3年以上です。

 

運転に慣れていないととれませんよね。

普通免許を持っている人は多いですよね。

大型車を運転できるとすごいですよね。

トラックを乗ることを夢見る男性もいると思います。

 

大型免許で運転できるものは、大型乗用自動車などの大型自動車、

中型貨物自動車などの中型自動車、そして普通乗用自動車などの普通自動車、

小型特殊自動車、そして原動機付自転車があげられます。

 

実は結構乗れるんですね。

 

大型免許の費用はどれくらいか

免許の費用は教習所だと約30万〜40万円かかり、

期間は学科が4時限と技能が45時限になります。

 

場所によっては合宿をしながら免許を取れるところもありますが、

約22万〜30万円かかるそうです。

普通免許でも約30万はかかります。

そして、期間は最短で10日。

 

教習所だと朝から夜まで講習をしているので、

忙しい学生や社会人でも通うことができます。

 

例えば平日は夜に教習を入れて、土日は1日中教習所にいるとか、

自分の好きな時間に行けるのはいいですね。

もちろん女性も大丈夫ですよ。

 

短期間で集中して免許を取りたい人には合宿プランがおすすめです。

合宿は安く早く免許を取れるのでありがたいですよね。

ほとんどは普通免許や中型免許を持っている人が大型免許をとりにくるようです。

 

教習内容は何か。

教習内容は技能教習です。

場内教習で基本的な運転をマスターし、運転に慣れて、

路上教習で実践編と自主経路設計、駐車の練習をします。

 

技能教習内容は普通免許のときと似ていますが、

実際車に乗ると運転の仕方は全然違うと思います。

 

車の構造、大きさ、高さや死角の位置など、覚えることがたくさんありますね。

カーブのときに車線をはみ出たりしたら怖いですよね。

 

大型車のギアチェンジは複雑みたいです。

普通自動車のAT車を運転している人もMT車を運転している人も

混乱するそうです。普通免許のときよりも難しそうです。

 

大型免許の職業

大型免許の職業は運送業や運転手があげられます。

朝早くからトラックで地方に配達したり、

夜行バスで遅くまで送迎していたりと、

朝から晩までハードな仕事をしているイメージがありますよね。

 

若い男性が毎日頑張っていますね。

長距離は大変そうですがトラックドライバーさんたちのおかげで

荷物が送れたり、届くのです。

 

最近は転職でトラックドライバーになる人もいるようですよ。

バスの運転手さんも時間通りにバス停に

送迎しなければならないのは大変ですよね。

2つの職業はともに体力が必要ですね。

 

ちなみに友人で昨年に大型免許を取った人がいるんですが、

教習所に行く前に参考書なんかで予習すると良いって聞きました。

まあ、考えてみれば確かに有利かもしれませんね。

 


【送料無料】中型・大型自動車免許の取り方 [ 長信一 ]

 

参考になりましたか。

大型免許をとるとできる職業の幅が広がります。

ぜひチャレンジしてみてください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ