簡単里芋レシピ!人気の美味しいレシピをご紹介!

スポンサードリンク

人気の美味しい簡単里芋レシピをご紹介します。

この季節の定番料理とも呼べる、里芋料理なんですが、

ぬるぬるとしている為、好き嫌いは人それぞれあると思いますが、

里芋自体にはもの凄い効能と栄養があるんです!

 

簡単里芋レシピ!人気の美味しいレシピをご紹介!

 

里芋はじゃがいもやさつまいもと違い、

ぬるぬるしていて好きな人もいれば嫌いな人もいるのではないでしょうか。

 

私は小学生のころ初めて里芋の煮物を食べてぬるぬるが

気持ち悪くてそれ以降嫌いな食べ物になってしまいました。

 

今ではとても好きな食べ物ですが、

当時の私には受け入れることができませんでした。

 

いつがきっかけで好きになったのかはよく覚えていませんが、

今では自分で料理して食卓にだします。

 

私が作る里芋料理はほとんどが煮物なのでその他にはどんな料理があるのか、

里芋の人気の料理と栄養などについて調べてみました。

 

里芋の煮物レシピ

材料(約2人分)

・里芋 : 500g

・水 : 2カップ

・砂糖 : 大さじ1

・みりん : 大さじ2

・醤油 : 大さじ3

 

作り方

①:里芋は塩でもみ洗いをし、たっぷりのお湯で弱火で5分ゆで水でさっと洗う。

②:分量の水と調味料を加えて中火で煮る。時々鍋をまわしながら味をからめる。

煮立ったら弱火にして、汁が少なくなるまで煮つめて出来上がりです。

時間がない時でもパパッと作れてとっても簡単なのでぜひ作ってみて下さい。

 

・里芋の皮を簡単に剥く方法を見つけたので記載しておきます。

①:鍋に、たっぷり水を入れ、沸騰したら里芋を入れる。

②:5~10分位したら、ザルにあげ流水をかける。

※湯で時間は里芋の大きさにより異なりますので目安です。

 

③後は、一つずつ皮を剥いていくだけです。

 

不思議なくらい「つるんっ」と剥けるそうです。

私もこの剥き方をしたことがないのでどのくらい

「つるんっ」と剥けるのか実際にはわかりませんが

口コミ情報ではすごく人気の剥き方みたいです。

 

面倒な里芋の皮剥きがこんなにも簡単に、

できるならいろんな料理に挑戦していきたいところですよね。

里芋の煮物

里芋の煮物

 

里芋の皮を簡単に剥く方法(上記に記載の方法とは別です)

 

里芋の栄養・効能

私の勝手なイメージで「ねばねば」や「ぬるぬる」した

食べ物は体に良いイメージがあります。

ねばねばやぬるぬるした食べ物と言うと、納豆やおくらや里芋のことです。

 

里芋も体に良いイメージがありますが詳しくはわからないので

どんな効果があるのか調べてみました。

 

里芋は「健康に良い免疫力を高める食べ物」だそうです。

腎臓病や糖尿病、便秘、下痢に良いとされていて、

里芋の主成分は、でんぷんですが、他の芋類と比較して

特に多いのがカリウムの含有量です。

 

他の芋類に比べてエネルギーが低く、エネルギー量は

さつま芋や山芋の半分以下だそうです。

 

里芋独特のぬめりは、ガラクタンという炭水化物とタンパク質の結合した

粘性物質によるもので、ガンや潰瘍の予防に効果があるといわれています。

 

ガラクタンは、免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑制してくれます。

あの独特のぬめりの中にはムチンという物質が含まれていて、

常食していれば肝臓や腎臓の弱りを防止し、老化防止にも役立つそうです。

 

また、ムチンは、タンパク質の消化・吸収を高めて胃腸の働きを活性させ、

潰瘍の予防に役立ちます。とても体に良い食べ物ということがわかります。

 

ここで、里芋の煮物以外にはどんな料理があるのか調べてみました。

まず、おかずやおつまみとしては、コロッケやグラタン、

里芋餅にしている方が多くいらっしゃいました。

 

サラダや、胡麻和えポタージュにしている方も多く

どんな料理にも合うようですね。


粘りがあって柔らかい!芋煮王国山形が生んだ独特の粘りともっちり柔らか【送料無料】山形産【…


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ