おでん人気レシピはこれだ!美味しいおでんの作り方をご紹介

スポンサードリンク

どんどん広がる、おでんレシピ秋深くなり、

スーパーの食品売り場ではお鍋のスープを見かけるようになりました。

 

お鍋の中でも一番身近にある「おでん」そんなおでんの人気絶品レシピで

美味しいおでんの作り方をご紹介します。

 

今はコンビニでも購入する事が出来ます。

オフィス街にあるコンビニでは、真夏でもおでんが売れているそうです。

 

おでんは基本はあるものの、決まったルールはありません。

ぜひ、いろんなレシピを試して、オリジナルおでんを作ってみませんか?

 

おでん人気レシピはこれだ!美味しいおでんの作り方をご紹介

 

おでんの歴史はかなり古い。

おでんは室町時代に生まれた「田楽」が発祥と言われています。

 

「焼き田楽」と「煮込み田楽」があったと言われ、

江戸時代に「焼き田楽」はそのまま「田楽」、

「煮込み田楽」は「おでん」となったそうです。

 

コンビニのおでんの味に近づけるには。

好きな物を1つから購入する事が出来る、コンビニおでん。

寒い日にレジの横で温かい湯気につられた事はありませんか?

 

あのおでん鍋を見ていると、ついつい余計に購入してしまう事も度々あります。

最後に温かいスープを飲み干すと、なぜか心が落ち着きます。

 

実は、あのおでんのスープが自宅で簡単に再現できるそうです。

ポイントは中華料理の定番ソース「オイスターソース」。

 

コンビニおでんのレシピ

  • 水:2000cc~3000cc
  • オイスターソース:大さじ1~2
  • 本だし:適量
  • 塩:大さじ1/2~1

これだけでOK。

ご自宅にある調味料だけで、

簡単にコンビニおでんのあのスープが再現できます。

 

にごらないスープを目指すために。

美味しいおでんのスープは澄んでいてきれいな黄金色ですよね。

だからこそ、ついつい飲み干してしまう事も。

せっかくのスープ、濁らずに澄んだままがいいですよね。

 

おでんの中でどうしても荷崩れしやすいのが「じゃがいも」。

あのホクホク感が美味しいのですが、下手に菜箸で突っついてしまうと最後。

あっという間に荷崩れしてしまいます。

 

じゃがいもは、メークイーン等の粘り気が強い種類を選びましょう。

また皮をむいた後はしっかり面取りをして角をなくす事もポイントです。

 

煮込む時には、ぐらぐら100度近い温度ではなく、7

0度ぐらいのあまりスープが踊らない程度でじっくり煮込む事が大切です。

 

そして、その際は触らずにじっと我慢。

我慢すれば、それだけ美味しいおでんになる事は確実です。

 

沢山の具材を入れよう。

おでんは沢山の具材を入れる事で、

スープの味に深みが出ます。

 

野菜、練り物、肉、魚介など、様々な具材を入れる事で、

それぞれから出汁が出て、それが美味しいスープに変化します。

ご自宅で作る際にはぜひ、沢山の具材を入れる事をオススメします。

 

また具材にも決まりはありません。

今はトマトや丸ごと玉ねぎ、ネギマ等、ご家庭によって様々です。

 

ぜひ、色々チャレンジをして、

ご自宅でオリジナルのおでんを試してみてくださいね!


ほっこり、お家でおでん。おでんに合う練り物/揚げ物を厳選しました♪老舗■はせい■さつまあげ…

 

他にもこんな料理のレシピをご紹介しています。

初心者でも簡単料理レシピ!人気のレシピをまとめました!

トマト鍋の人気レシピをご紹介します!冬といえば鍋です!

鍋の人気レシピはこれだ!鶏やキャベツを使った簡単鍋料理!

牡蠣の人気レシピのご紹介!おいしい牡蠣料理を簡単に!

白菜の人気レシピをご紹介!簡単に出来る白菜を使ったサラダ


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ