りんごの人気レシピ!さつまいもで簡単りんごサラダを作ろう

スポンサードリンク

多くの人が知っている通り、りんごは非常に体に良い果物です。

食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富で

非常に栄養価の高いくだものです。

 

今回はりんごの他にさつまいもやホットケーキなどを

使った美味しい人気のレシピをご紹介します。

 

りんごの人気レシピ!

 

 

便秘解消にも効果ありのリンゴレシピをご紹介!

食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富なリンゴ。

便秘解消のため、皮ごと食べる方もいらっしゃいますね。

 

「1日1個のリンゴは、医者を遠ざける」という諺がある位、

栄養価が高い果実です。

 

また、リンゴに含まれるリンゴポリフェノールには

脂肪の蓄積を抑制する効果があると言われています。

 

リンゴの出荷は、9月~翌年7月頃まで10ヶ月ほど

ありますのでほぼ1年中食べることが出来ます。

そんなリンゴのオススメレシピを紹介したいと思います。

 

フライパン&ホットケーキミックスでリンゴケーキ

<まずは、煮リンゴ作り>

  1. リンゴは皮をむき、芯を取り1個を12分割します。
  2. ボウルに切ったリンゴと砂糖(大さじ3~4)、レモン汁(大さじ2)を入れて、電子レンジ(強で5分程度)加熱します。

<生地作り>

  1. ボウルに卵(2個)を割り入れ解きほぐし、砂糖(大さじ2)を入れ混ぜます。
  2. 牛乳(100cc)を入れ、ホットケーキミックス(200g)を2回に分けて入れよく混ぜてから、溶かしバター(大さじ2)を加えます。

<フライパンで焼きましょう!>

  1. 熱したフライパンにバター(マーガリンでもOK)を溶かし、1度火を止めてからリンゴを放射状に丸く並べます。
  2. 並べたリンゴの上に生地を流し入れ、蓋をして弱火(トロ火)で15~20分蒸し焼きにします。
  3. 表面が乾き、竹串でさして生地がつかなければOKです。

 

お皿にひっくり返してお好みの大きさにカットして出来上がりです。

 

レンジで簡単!さつまいもとリンゴのサラダ

  1. さつまいもを一口大に切り、水に浸します。
  2. 耐熱容器に入れてラップをし、柔らかくなるまでレンジで温めます。
  3. リンゴもさつまいもと同じくらい大きさで切ります。
  4. リンゴとさつまいもをマヨネーズ・マスタード・ブラックペッパーで和えれば出来上がりです。

 

栗原はるみさんのリンゴピザのレシピ

  1. 常温でチーズ(30g)を柔らかくして、牛乳(大さじ1/2)を入れ軽く混ぜます。
  2. グラニュー糖(小さじ2)とシナモンパウダー(適宜)を混ぜて、シナモンシュガーを作りましょう。
  3. リンゴは綺麗に洗ってから、芯を除いて皮がついたまま薄く櫛形に切ります。
  4. ピザ生地(市販でOK)に切ったリンゴを放射状にぐるりと並べます。
  5. 表面に2で作ったシナモンシュガーをふりかけ、1で作ったチーズをのせます。
  6. グリルに乗せて弱火で5分程度焼いたら出来上がりです。

 

栄養価が高い果実でほぼ1年中食べることが出来ます。

さらに種類もいろいろありますから、お好みのリンゴで試してみてくださいね。

 


【送料無料】りんごのかんたんおうち菓子 [ 内田真美 ]

 

他にもこんな料理のレシピをご紹介しています。

水菜の人気レシピ!簡単に出来る絶品やみつき料理をご紹介!

ほうれん草の人気レシピ!卵やベーコンを使った簡単料理!

簡単里芋レシピ!人気の美味しいレシピをご紹介!

おいしい干し柿の作り方。時期はいつ?効能とか効果は?

【ペルー料理】パパ・ア・ラ・ワンカイーナのレシピと作り方


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ