あんこう鍋の人気レシピでの作り方!寒い季節はやっぱ鍋!

スポンサードリンク

 

ちょっぴり豪華なあんこう鍋。

そんなあんこう鍋の人気レシピでの作り方をご紹介します。

 

鍋の季節ですね。寒くなると皆さんのご家庭でも

必ずと言っていいほど鍋は登場するのではないでしょうか。

 

mjm001

 

我が家は一週間に2回ほど夕食の食卓に登場します。

キムチ鍋やしゃぶしゃぶ、水炊きがほとんど定番化されていて、

至って簡単シンプルな鍋ばかりです。

 

私自身あんこう鍋を食べたことはありませんし、

あんこうを実際に見たこともありません。

 

もちろんテレビなどでは拝見したことがあるのでわかりますが、

あの映像だけでもとても食べたいという気持ちにはなれず、

食わず嫌いの状態で今日に至ります。

 

見た目だけで判断するのは良くないことです。

実際にあんこう鍋は見た目とは裏腹にとても美味しそうですし、

あん肝が体に良さそうですし…。

 

そこで、今回は鍋の時期と言うことで、

この"あんこう鍋"について調べてみました。

 

あんこうの旬な時期

産卵を終えた7月から8月が禁漁となっていて、

基本的に春先は産卵の時期になると肝が小さくなり、

商品価値も薄れるそうで、肝が肥大化する11月から2月が

一番美味しい時期とされているそうです。

 

あんこうは、江戸時代の頃の「三鳥二魚」と呼ばれる5大珍味の1つであり、

歴史的にも名高い高級食材です。

 

三鳥二魚とは、鳥=鶴(ツル)、雲雀(ヒバリ)、鷭(バン)、

魚=鯛(タイ)、鮟鱇(あんこう)のことだそうです。

 

淡白でカロリーも低く、特に肝(あんきも)は

ビタミンが豊富で栄養価が高いそうです。

 

調理法として一般的な「あんこう鍋」は

茨城県の平潟や常磐路のあんこうとして大洗町が有名みたいですね。

 

あんこう

ankou_1

 

あんこう鍋の作り方

材料(3~4人分)

  • あんこう切身(あん肝の入ってるもの) 300~400g
  • 塩(あんこうにかける用) 適宜
  • 水 1500cc
  • 味噌 100g~150g
  • 昆布だし(顆粒) 5~7g
  • みりん 50cc
  • お酒 50cc
  • 醤油 50cc
  • おろし生姜 1かけ
  • 野菜(白菜、長ネギ、豆腐、人参、白滝、しめじなど)

 

作り方

  1. あんこうをザルに広げ、軽く塩をし30分以上置きます。
  2. 沸騰した湯の中に①のあんこうを入れ、20秒程で身の表面が白くなるので取り出し、ぬめりや血を流水でキレイに取り除きます。
  3. 鍋に入れる、野菜、豆腐などの具を食べやすい大きさに切ります。
  4. あん肝は軽く包丁でたたき、土鍋でからいりして下さい。
  5. 水、味噌、顆粒だし、みりん、お酒、醤油などを加え味を調える。
    (味は少し濃い目にしたほうが美味しいです)
  6. 5.と一緒に、おろし生姜を少しでも加えることによって、生臭さがなくなります。お好みで1かけ~好きなだけ入れて下さい。
  7. 湯引きした、あんこうや野菜、お豆腐の身を鍋に入れ火にかけます。
  8. こまめにアクをとって、出来上がりです。シメは雑炊がおすすめみたいです。

 

あんこう鍋

あんこう鍋

 

最期に…

寒い季節といえばやっぱり鍋料理ですよね!

キムチ鍋やしゃぶしゃぶ、水炊きなどの定番鍋の回数が多くなるとは思いますが、

時々、普段はあまりしない鍋も中々いいものですよ!

私も今週はあんこう鍋をやろうと考えてます^^;

 


水揚げ日本一を誇る下関産あんこう使用!送料無料でお歳暮ギフトや年越しグルメに最適!あんこ…

 

他にもこんな料理のレシピをご紹介しています。

初心者でも簡単料理レシピ!人気のレシピをまとめました!

トマト鍋の人気レシピをご紹介します!冬といえば鍋です!

鍋の人気レシピはこれだ!鶏やキャベツを使った簡単鍋料理!

牡蠣の人気レシピのご紹介!おいしい牡蠣料理を簡単に!

白菜の人気レシピをご紹介!簡単に出来る白菜を使ったサラダ


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ