~レンコンをアレンジ!簡単レシピ~

スポンサードリンク

clip_image002シャキシャキした歯ごたえが特徴のレンコン。

あなたは、どんな風に料理していますか?

 

○レンコンとは?

ハスの地下茎が肥大したもの。

内部に空洞があり、いくつかの節に分かれていて、

輪切りにすると穴が多数空いていることから「先を見通す」と縁起物とされています。

80%以上が水分で出来ていますが、カリウムやビタミンCなどを含んでいます。

近年、レンコンに含まれる成分が花粉症の治療に効果があるとされる発表があり、注目を集めています。

 

○下準備

皮をむいて、水や酢水に入れ黒く変色しないように色止めを行います。

色止めをしたものはシャキシャキした歯ごたえ、しなかったものはモチモチした食感になります。

 

clip_image004○レンコンレシピ1

<ひき肉はさみ焼き>

1:レンコンを3~4mmの厚さにスライスして水にさらします。

2:豚挽き肉(250g)、みじん切りにしたねぎ(10cm)、みじん切りにした生姜(1カケ)と

砂糖・醤油(小さじ1)・片栗粉(大さじ2)、小さめの卵(1個)をボウルに入れ、よく混ぜ合せます。

3:レンコンの水分を拭き取ってから、混ぜ合わせたお肉を挟みます。

4:熱したフライパンに油をひき、お肉を挟んだレンコンを焼きます。

☆あまりいじらず、お肉が焼き固まるまでじっくり焼いてください。

5:焼き色がついたら、蓋をして蒸し焼きにします。

6:両面が程良く焼けたら、酒(大さじ3)・醤油(大さじ1)・砂糖(大さじ1/2)を加えて味付けをして出来上がりです。

 

○レンコンレシピ2

<きんぴら(2人分)>

1:レンコン(3~5cm)の皮をむき、薄い半月切りにして水にさらします。

2:フライパンにサラダ油をひき、強火で熱して水切りしたレンコンを加えて、半透明になるまで炒めます。

3:酒(小さじ1)、砂糖・醤油(小さじ1と1/2)、刻み赤唐辛子(1/2本)をフライパンに入れ、水分がなくなるまで炒めます。

4:白ゴマをふりかけて、出来上がりです。

人参を入れても彩りがキレイですね♪

 

○レンコンレシピ3

<もちもち♪レンコン餅>

1:レンコン(100g)は皮をむき、3/4をすりおろし、残りは粗みじん切りにします。

2:ねぎ(1/8本)をみじん切りにします。

3:すりおろしたレンコンと片栗粉(大さじ1~2)を混ぜ合わせて、粗みじん義理をしたレンコン、ねぎを加えてさらに混ぜます。

4:フライパンにごま油をひき、中火で熱して、混ぜ合わせたレンコンをスプーンで落として焼きます。

5:焼き色が付いたら裏返して、お酒(大さじ1)を加えて、蓋をして弱火で3~5分程度蒸し焼きにします。

6:酢(大さじ1/2)、醤油(大さじ1/2)を混ぜ合わせタレを作っておきます。

7:焼けたら、お皿に盛りタレと小口切りをした万能ネギをかけて出来上がりです。

粗みじん切りのレンコンとすりおろしたレンコンの2種類の歯ごたえが食欲をそそりますね。

レンコンは煮物以外にも色々使えます。

バターで焼いてしょうゆで味付けをするのも良いですね♪

ぜひ、色々なレシピに挑戦してみてください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ