寒い冬はビーフシチューでほっこり温まろう!

スポンサードリンク

 

寒い季節に大人気の煮込み料理。普段のメニューから、ご馳走メニューにもなるビーフシチューはぜひ作ってみたいひと品です!

 

■ビーフシチューって?

それではビーフシチューについて少しお勉強してみましょう。

シチューとは、大まかに言えば「煮込み料理」の総称です。スープとの違いは「メインで出せるか否か」。クリームシチューがホワイトソースなのに対し、ビーフシチューは見ての通りブラウンソースです。

よく似ていると言われるハッシュドビーフですが、違いは材料と「ライスが付いているかどうか」という事ですね。ハッシュドビーフは日本ではライスと一緒になっています。ビーフシチューは単品のお皿で出てきます。

 

 

■美味しく作るコツ

ビーフシチューのメインはもちろん牛肉。これが美味しくなければ話になりません。しかし柔らかい口あたりにするためには、ひと手間が必要。

真っ先に考えられるのは「圧力鍋」を使う事です。圧力鍋を使えば煮込む時間も短くて済みます。しかし、圧力鍋を使わずにお肉を柔らかくすることはできないのでしょうか。

ビーフシチューに使う角切りの肉ですが、こちらは酸性の食材に漬け込む事で柔らかくする事が出来ます。これは「たんぱく質分解酵素」が肉を柔らかくしてくれているためです。

たとえば「キウイ」、「パイナップル」など。ただ、少し果物の香りが付いてしまう可能性があります。他には「ヨーグルト」。やはりヨーグルトの香りが付く可能性あり。一番良いのは「玉ねぎ」かもしれません。赤ワインと、すりおろした玉ねぎ、酢を混ぜた物の中に肉を漬け込むと肉が柔らかくなり、香りもシチューの邪魔になりません。

あとは「麺棒で叩く」、「フォークなどで刺す」事で肉の筋をカットしてしまう方法もあります。これは漬け込む時間も無く、肉の味はそのままなので良いですね。

しかしやはり長時間煮込むと、よりおいしいビーフシチューになります。

肉は長時間、煮込めば煮込むほど柔らかくなります。肉が硬くなってしまうのは中途半端に煮込むからなのです。ですから、時間をかけて煮込む事が、一番確実に肉を柔らかくする方法なのです。

 

■ビーフシチューアレンジ

時間をかけてご馳走メニューにするのも良いですが、夕食にパパっとビーフシチューが作れたら良いですね。そんな時には牛肉を薄切りのものにしてみましょう。これで時短メニューになります。

それからもしビーフシチューが残ってしまったら、リメイクしてみてはいかがでしょうか。

たとえば残ったビーフシチューでグラタンやドリアを作ってみるのもいいですし、ポテトを加えてコロッケなどもオススメですよ!


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ