冬の定番料理「ビーフシチュー」を圧力鍋でお手軽、簡単に作ろう!

スポンサードリンク

 

寒い冬のお食事には温かい汁物が必須ですね。
中でもメイン料理になるシチューは比較的食卓に並ぶ事が多いメニューですね。

鶏肉と牛乳で作るホワイトシチュー。
牛肉とデミグラスソースで作るビーフシチュー。

好みは人それぞれ、大きく分かれる所です。
今回は大きなお肉が入ったビーフシチュー。
食べごたえも満足感もたっぷりのビーフシチューは男性も女性も虜に。

でも大きなお肉を煮るのは少し大変。
ここは少しお手軽に圧力鍋に頼ってみませんか?

 

○ビーフシチュー向きのお肉は?

牛肉にも沢山の部位がありますが、シチュー等の煮込み料理に向いているのは。

・すね肉
・バラ肉
・もも肉

等があります。
ただもも肉はタンパク質が多く、あまり煮込みすぎると固くなってしまう事も
あるそうです。
手に入るのであればすね肉等の方が簡単に作る事が出来ると思います。

 

○圧力鍋で煮るときは。

圧力鍋で煮るときはジャガイモ等の煮崩れしやすい野菜は、
別で茹でる事をオススメします。
圧力鍋の加減を既に把握している方は良いのですが、
初めて作る方はお肉を柔らかくする為に圧力をかけた結果、
野菜が煮崩れしてしまう事が多い様です。

お肉に圧力をかける時間もそれぞれですが、
目安は20分~30分程度です。
すべての野菜を一緒に煮込んでしまう方もいれば、
じゃがいもや人参は後程加えるという方も。

ご自身のキッチンやお時間によって色々やってみる事をオススメします。

 

○本格的なシチューを作るには。

今は簡単にシチューの素が販売していますので、
簡単に作る事が出来ます。
もちろん、十分研究されたものなのでそれだけでも十分美味しいのですが、
ひと手間加えるだけでさらに美味しさがアップします。

・仕上げにケチャップ、ウスターソースを少し加える。
・水の変わりに大めの玉ねぎを加えて野菜の水分を活用する。
・赤ワインを使って風味を加える
・野菜ジュースを水分の代わりとして使う。

作り方を少し変えるだけで、お家独特のシチューにする事が出来ます。

ぜひ、今日のお夕飯はシチューにしてみませんか?


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ