クリスマスに人気のローストチキンのマル秘レシピ

スポンサードリンク

 

ローストチキンはクリスマスに食べられますよね。最近は予約する人が多いようです。

ローストチキンとは、鶏を丸ごと焼いた料理のことでオーブンやグリルで焼いたものysくしで刺してあぶり焼きにしたものなど調理方法は様々です。今回はクックパットのレシピを紹介します。使うお肉は、骨付き鶏もも肉です。下味をつけるためにすりおろしのニンニクやクレイジーソルトを使います。それでは作り方を見てみましょう。鶏肉の臭みが気になる場合は水で洗って、キッチンペーパーで水気をとります。味をしみ込ませるためにる鳥もも肉の皮の部分にフォークで穴をあけます。両面ににんにくのすりおろしクレイジーソルト、塩。こしょうをもみこみます。塩コショウはたっぷりかけるのがお勧めです。その上にローリエを2,3、枚を乗せて天板にオーブンシートを2枚重ねてし、そしてもも肉を丸焼きします。アルミホイルをかぶせてからいざオーブンヘ。このときにオーブンは、250度で余熱をします。そして20分から25分焼きます。25分後フォークや箸で差して肉汁が出たらOKです。赤い肉汁なら追加5分やきます。

焼けたら皮を上にし肉汁をかけさらに加熱します。8分から10分加熱し軽い焦げ目をつけます。最後に野菜とお肉を盛りつけして完成です。ダッチオーブンは分厚い金属性の蓋付き鍋で魔法の鍋と呼ばれています。現在ではキャンプなどで使われることがあります。ダッチオーブンでおいしく焼くコツは、火加減、詰め方、焼き方、味の付け方があります。1つ目の火加減は、炭を用いて安定した火力でじっくりと焼くことです。火力が強すぎるとお肉がパサパサになります。とろとろと鍋を温めればおいしくできます。2つ目の詰め方のコツは小さい玉ねぎの皮をむいて鶏のおなかに入れることです。玉ねぎのエキスが出て鶏肉がジューシーになります。ダッチオーブンに詰め込みすぎると蓋に近すぎておいしくなくなります。注意しましょう。3つ目は焼き方です。焼き時間は1時間くらいでシューという音がしたら蓋の上にも炭火を置いて加熱します。焼き色がついたら余熱で置いておきます。パリッとしたのが好きな方は蓋をずらしておき、しっとりやわらかいほうが好きな方は蓋をしたままにしておきましょう。そして最後は味付けです。岩塩を使うのがお勧めです。中でもクレイジーソルトがいいでしょう。ちょっとしょっぱいかなと思うくらいすりこみましょう。こしょうをかけてもおいしくなります。ローストチキンを作る方法はいろいろあるんですね。クリスマスが楽しみになってきました。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ