おせち料理の意味

スポンサードリンク

 

年末に近づいてくると、いよいよお正月。おせち料理の仕度はお済ですか?

おせちの意味を知ると、より一層お正月が素敵に迎えられますよ。

■おせち料理の由来

おせち料理は「御節料理」と書きます。

本来はひな祭りや、七夕などの「節句」に食べられていた料理で、「お節供(おせちく)」と呼んでいました。しかし現在では年に一度、元旦にしか食べなくなりました。

年末に作り、三が日はそれを食べて過ごすという風習です。

■伝統的なおせち

おせち料理が重箱に入っている事はよく知られていますが、ではなぜ重箱に入っているのでしょう。

これは「めでたさを重ねる」という意味から来ています。

最近では家族の人数も少なく、それほど大きいお重は使わないかもしれませんね。

しかし重箱は本来4段に重ねるもので、上から一の重、二の重、三の重、与の重と言います。四段目が「与」となっているのは数字の「四」が「死」を連想させて縁起が悪いため、と言われています。

なかには重箱が五段重ねの場合もあるようです。その時の五段目はカラで、今後さらに繁栄してゆく余地を表していると言います。

お重に入れる順番も決まっています。

一段目は「祝い肴」、二段目は「口取り」、三段目は「焼き物」、与段目は「煮物」です。

「祝い肴」というのは、ご存知お正月の定番『田作り、黒豆、数の子』です。関西では数の子の代わりに『たたきごぼう』を入れる事もあるようですね。

そして「口取り」。これは主に甘いものが入ります。『昆布、栗きんとん、伊達巻』などです。

それから「焼き物」。これは魚など、海の幸を焼いた料理です。最後は「煮物」。山の幸を煮たものが入ります。


■おせち料理に込められた思い

お節料理に使われている食材には、一つ一つ意味がある事はご存知ですか?

たとえばおせちの代表格『黒豆』。これは「まめに働く」という意味ですね。それから黒色には魔よけの意味があるそうです。

次に『 数の子』。卵がたくさんありますので、子孫繁栄の意味があります。あとは『 田作り』。むかしは田畑の肥料にイワシを使っていたとか。そこから五穀豊穣の願いが込められていると言います。

他には『昆布』。これは「喜ぶ」から来ています。『海老』。腰が曲がるまで、すなわち長寿の願いです。『きんとん』。これは「金団」と書きます。財産や富を表す縁起物です。

 

 

おせち料理を詰める時には、「割り切れない」奇数ずつ詰めるのが良いとされています。

基本を知って、お節を食べながら少しうんちくを語ってみてはいかかでしょうか。

それでは、良いお正月をお迎えください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ