今イチオシはコレ!人気ブランドのシステム手帳

スポンサードリンク

 

みなさんはシステム手帳をお持ちでしょうか。そもそもシステム手帳とは、手帳の一種で、本体がバインダーの仕組みを持ちリフィルと呼ばれる用紙部分を交換可能なものをいうそうです。営業マンやビジネスマンならほとんどの方がお持ちではないでしょうか。

システム手帳といっても色々なサイズや形式がありますが、A5サイズが人気のようです。

そして、革が人気のほとんどを占めています。今回はこのシステム手帳について調べてみました。

1.人気システム手帳ランキング

1位 ダ・ヴィンチ ジャストリフィルサイズ システムポケット手帳

2位 ダ・ヴィンチ スリムサイズA5 システム手帳

3位 ダ・ヴィンチ ジャストリフィルサイズ 聖書システム手帳

4位 ダ・ヴィンチ 聖書サイズ システム手帳

5位 ダ・ヴィンチ BRIDLE leather(ブライドルレザー) A5サイズシステム手帳

システム手帳の国内メーカーで最も知名度のある“Davinci(ダ・ヴィンチ)”。

ここ数年ダヴィンチの代名詞とも言える「ジャストリフィルサイズ」が近年のシステム手帳ランキングのTOP3を占めているそうです。

ダヴィンチのブライドルレザー(牛ヌメ革)は1枚革を贅沢に使った本格A5サイズのシステム手帳で、日本の職人の手で丁寧に染みこませたロウが表面に浮き出て、ブライドルレザー独特の表情となっているそうです。

*ダ・ヴィンチ システム手帳

*各メーカーとリフィルのサイズ

http://www.kdm.bz/event/systemdiary/

 

2.システム手帳のブランド

・海外ブランド

MOLESKINE(モレスキン) 19世紀後半から販売開始したイタリアブランドで撥水加工の黒く硬い表紙と手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴です。

Filofax(ファイロファックス) 1921年に設立したイギリスの老舗ブランドで、国際規格となるバイブルサイズの創始だそうです。

その他にも海外ブランドでは、QUOVADIS(クオバディス)Time System(タイムシステム) Franklin Planner(フランクリン・プランナー)などがあります。

・国内ブランド

Davinci(ダ・ヴィンチ) 創業明治23年の老舗文具メーカー「レイメイ藤井」のシステム手帳ブランドで、納得の素材・機能・価格を追求した手帳です。

ASHFORD(アシュフォード) 1985年より販売開始した国内ブランドで、世界各国の一流タンナーによって仕上げられた革に定評あるそうです。

その他にも国内ブランドでは、Bindex(バインデックス)、SYSTEM DIARY(システムダイアリー)、knoxbrain(ノックスブレイン)などがあります。

 

*Filofax システム手帳

 

3.参考になるサイトの紹介

*NAVER ビジネス向けのシステム手帳まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2132504915620395001


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ