おむつをお寿司に!?おむつ寿司って知ってますか?

スポンサードリンク

 

おむつ寿司は紙製おむつをにぎりずしに見立ててデコレーションした出産祝いです。

育児雑誌出版のワイヤーオレンジ社が紙おむつをしゃりに見立て色とりどりの小物のタオル・ソックス・スタイなどをネタに見立て 見て可愛く実用的で無駄のないお祝いグッズに仕立ています。

綿布不足から生まれた紙おむつ
ドイツに経済封鎖されたスウェーデンでは、1940年代半ばには綿花の輸入が止まり、極端な綿布不足となり、赤ちゃんのおむつを作ることができなくなりました。スウェーデン政府は、おむつを綿布から紙に移行するよう指導し、そこで考案されたのが紙おむつでした。

吸水性のある紙を何枚も重ね、外側をメリヤスの袋で覆った簡単なものでしたが、使い捨てができ洗濯の必要もなかったのです。実際に使ってみると、取り替えが簡単で吸水性も布おむつと遜色がなく、十分に代用品の役割を果たしたといわれています。

やがてこの紙おむつは、吸収紙を防水シートでカバーする形に改良されながら、北欧やヨーロッパ各国へと広がりました。この紙おむつの形は、いまでも「ヨーロッパスタイル」として改良が重ねられ、使用され続けています。戦後、アメリカに渡った紙おむつは、多くの工夫と改良が加えられ、布おむつの代用品の域を脱し普及していったのです。

日本では昭和20年代後半に初めて紙おむつが発売されています。しかしこれは紙綿を重ね布で包んだだけの物で、おむつカバーがなければ使用できませんでした。紙おむつは外出時や、雨で洗濯できない時などに限って使用される程度でした。

1962年(昭和37年)、紙おむつより一足早く乳幼児用ライナーが発売されました。当時は電機洗濯機が普及しつつある時期でしたが、おむつは下洗いをして便を取り除いてから洗濯機に入れるという手間が必要でした。そこで重宝だったのが布おむつの内側に敷く紙綿製のライナーでした。
水分を通して固形物のみ通さないライナーは、便だけがライナー上に残ります。それを捨てるだけで下洗い無しで洗濯ができたのです。しかし、当時の世帯収入から見ればまだまだ高価で、しかも使い捨ての習慣がない時代でもあり、広く普及するには至りませんでした。

1963年(昭和38年)、赤ちゃんの肌に触れる部分には不織布が使われ、外側には防水紙が採用された、今日の紙おむつの構造と機能を持った最初の本格的紙おむつが発売されました。形は布おむつに似て長方形で、おむつカバーと併用するフラット型で発売の翌年、日本航空の国際線常備品に採用されました。

水の節約を考えれば、紙おむつの勝ち!

ゴミの削減を考えれば布おむつの勝ち!

いっその事、おむつ無しのふんどし育児如何ですか?垂れ流しが我慢できる方限定ですけど・・・おしめをしているより早くパンツ生活が出来るそうです。

まだある まだある

おむつケーキ/おむつソフトクリーム/おむつバイク/おむつカー/おむつ機関車/

おむつ飛行機/おむつゴルフセット/おむつギター/おむつ哺乳瓶/おむつのはな/

おむつかたつむり/おむつふくろう/おむつ芋虫


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ