年越しそばの由来や意味のアレコレ雑学(なんでそばなの?)

スポンサードリンク

【年越しそばの由来】

 

年の瀬が近づいてくると、スーパーでよく見かけるようになる「そば」。

年越しそばは日本では年末の風物詩ですが、なぜ「年越しそば」を

食べるようになったのでしょう。

 

そんな年越しそばの由来や意味を調べてみました。

 

年越し蕎麦の由来

年越し蕎麦とは、ご存知のように、

12月31日に縁起を担いで食べる蕎麦のことですね。

 

年越し蕎麦を食べる風習は、江戸時代中頃に定着したようです。

以前は晦日(月末)ごとや節分にも食べていたらしいのですが、

明治になり月末を「晦日」と言わなくなった頃から、

年末である大晦日にだけ、食べられるようになったようです。

 

呼び名も「晦日蕎麦」、「運蕎麦」、「縁切り蕎麦」、「年切り蕎麦」、

「福蕎麦」・・・と地域によってさまざまなようです。

 

年越し蕎麦の由来

 

どうして「蕎麦」なの?

年越し蕎麦のいわれは諸説あります。

蕎麦が細く長いことから「健康で長生きできる」という言葉遊びの言い伝え。

 

あとは金箔を薄く伸ばしたり、飛散した金などを寄せ集めるのに

蕎麦粉を練ったものを使った事から、「年末の金銭の回収が上手くいく」

「お金が集まってくる」というゲン担ぎ。

 

蕎麦は他の麺よりも切れやすいことから、

「一年の災厄を断ち切る」とするもの。

 

蕎麦の実は三角で、古来三角は縁起が良いとされていたから。

蕎麦は風に打たれても、日が当たるとすぐに立ち直るので、

それにあやかって・・・など。

 

でも現在では「健康や長寿を願って」蕎麦を食べる・・・

というのが一般的でしょうか。

 

蕎麦でなぜ長寿?

「細くて長いから」・・・そう、確かに蕎麦は細くて長いです。

でもそれだけで「長寿」とは言えませんよね。

 

実際には、蕎麦の高い栄養価に基づくものであったようです。

江戸時代、白米を食べる文化が広まると、巷には脚気が流行ったそうです。

脚気とはビタミンの欠乏により、時には死に至る病です。

 

蕎麦は低カロリーでありながら、良質のたんぱく質、

そしてたくさんのマグネシウム、それから豊富なビタミンを含んでいます。

 

江戸時代には薬のような役割を、蕎麦は担っていたようなのです。

そのような健康食品であるため、蕎麦は「長寿」と言われていたんですね。

 

ご長寿食品「蕎麦」ですが、年末には縁起を担いで食べるものなので、

喪中の場合でも食べて良いようです。

 

同じ理由から、蕎麦は温かくても、冷たくてもOK。

具を乗せても乗せなくても、好きなように食べていいのです。

 

~そばで細く長く達者に暮らせることを願って~

 

忙しい年末に、一家そろって、お互いの無事や健康を祈りながら

食べるひと時こそが、一番大事なのではないでしょうか。

 


【1000円以上送料無料】新・そば打ち教本 全麺協・素人そば打ち段位認定制度公認テキスト/全…

 

年越しそばについて以下にもアレコレ書いてます。参考にどうぞ!

年越しそばはいつ食べるの?時間は?そんな問題を解決!

年越しそばの具材は何がのるの?関東と関西の違いは何?


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ