年越しそばの具材は何がのるの?関東と関西の違いは何?

スポンサードリンク

年越しそばは大みそかに縁起を担いで食べるおそばのことで、

日本に深く根付いている文化の代表各ともいえるでしょう。

 

そんな年越しそばですが、

具材ってどんなものがのるのが一般的なのでしょうか?

また、関東と関西に違いはあるのでしょうか?

年越しそばの具材は何がのるの?関東と関西の違いは何?

 

「お蕎麦を食べる」という事は同じかもしれませんが、

中身や食べ方は各々の地域カラーが出ているようです。

 

ぜひ、他の地域の事を知って、

今年のお蕎麦のメニューに追加してみませんか?

 

関東と関西の違い

関東と関西の違いでは、やはりスープが大きいと思います。

関東は濃口醤油、関西は薄口醤油。

 

関東は鰹節のだし、関西は昆布のだし。

関東は真っ黒のスープ、関西は黄金色のスープ。

 

関西の方が関東でお蕎麦を食べようとして、

驚愕したという話は有名ですね。

 

これはその方の好みなので、

どちらが正しいという答えはありません。

ご自身のお好みの方をチョイスすると良いと思います。

 

年越し蕎麦の具材は何がのる?

具に関しても決まりはほとんど無く、

ご家庭によって様々のようです。

 

私はいつも「とろろ蕎麦」にしてもらっていましたが、

家族は天ぷらや鴨肉、油揚げなど思い思いに楽しんでいました。

 

それ以外にも卵豆腐、焼き餅、キムチ、

中にはカレーを合わせる人もいるようです。

 

年越し蕎麦というのは日本独特の文化ではありますが、

合わせる具材にルールはありません。

 

年に1回の特別な事…。

ぜひ、自分の好きな物をのせて楽しんで下さい。

 


超豪華!年越しそばと有機栽培のお餅が入ってさらに6種類の麺から2種類お好きな麺が選べるメガ…


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ