年末の大掃除で窓や網戸が簡単に出来るコツとか便利なグッズ

スポンサードリンク

 

毎年恒例の年末の大掃除の季節が今年もやっていきます。

 

そろそろ新年に近付いてきましたが、

みなさんは自宅の大掃除をどのようにしていますか。

 

中々大変で…と、お悩みの方へ窓や網戸が簡単に出来るコツや

便利なグッズをご紹介します。

 

年末の大掃除で窓や網戸が簡単に出来るコツとか便利なグッズ

 

年末の大掃除は一気にまとめて掃除する人や、

少し早めにこつこつ掃除する人や、家族で手分けして

掃除する人など様々だと思います。

 

普段はめったに掃除しない台所の換気扇や、

家具の上、カーテンの洗濯など大掃除の時はリストにして

徐々に掃除していかないと掃除箇所がありすぎて忘れてしまいますよね。

 

今回は年末に向けて役立つ大掃除について調べてみました。

 

大掃除におすすめのグッズ

みなさんもご存じの「激落ちくん」シリーズは有名ですよね。

 

もちろん我が家にもあります。

その他にも、クイックルワイパーやハンディーモップも

掃除するのにとても便利な商品だと思います。

 

私のおすすめは、ダスキンから出ている「油汚れ用洗剤」です。

500mlで472円とお手頃価格にもかかわらず、

ものすご~く簡単に油汚れが落ちます。

 

私はガスコンロの周り以外にも

様々なところにこの洗剤を使用して拭いています。

 

雑巾につけて拭くだけなのでとても簡単ですし、

簡単なうえに汚れも落ちてくれます。

我が家での掃除の必須アイテムです。

 

その他に、重層とお酢が掃除に大活躍だそうです。

重層とお酢でお風呂のゴムのカビや、ヌメヌメの排水溝、

油や焦げ付きがひどいガスコンロの汚れも落とせちゃうそうです。

 

酢は弱酸性、重曹は弱アルカリ性という性質を持っていて、

「酢と重曹が掃除に役立つ」というのは、酢と重曹は、

それぞれアルカリ性の汚れや酸性の汚れを分解・中和するということだそうです。

 

酢のクエン酸は水周りの「水アカ汚れ」に威力を発揮し、

重層は「油汚れ」に威力を発揮するそうです。

是非とも活用してみて下さいね^^;

 

重層+クエン酸で掃除

 

ダスキン 油汚れ用洗剤

 

窓・網戸の掃除方法

窓拭きは天気のいい日に掃除する方が多いと思いますが、

雨上がりや曇りの日にするほうが空気が湿っていて

汚れがとれやすくなるそうです。

 

ゴム製のワイパーなどを使用して掃除すると便利です。

水で薄めた洗剤を雑巾にビタビタに湿らせて窓を拭き、

その後、ワイパーで水を切ると簡単に奇麗になります。

 

水が下に垂れるので乾いた雑巾でサッと拭き取ります。

水をわざとサッシまで垂らして拭き取ると窓周りがとても奇麗になります。

 

網戸は水で薄めた洗剤を新聞紙に湿らせて網戸に貼り付け(表裏両方)

30分位放置してから2枚の雑巾ではさむように拭くと奇麗になります。

 

窓掃除のゴムワイパー

 

最期に…

正直、掃除は面倒だ!…と思われている方の多いのではないでしょうか?

実は私もそんなに掃除が得意ではありません…。

 

でも、掃除をしっかり綺麗にすれば、

すがすがしい気持ちで新年を迎えることが出来ますので、

年に1度の年末の大掃除、気合を入れて頑張りましょう^^;


【送料無料】プロが教える「15分掃除」がわが家を変える! [ 日本ハウスクリーニング協会 ]

 

大掃除といえば年末年始ですね!役立つ記事も書いてます。

覚えておきたい年末年始いろんなアレコレまとめ


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ