お正月飾りの門松の飾り方と処分方法と門松の由来と意味は?

スポンサードリンク

 

正月飾りの門松について。

みなさんは正月飾りを飾っているでしょうか。

 

締め縄は自宅で飾っている方も多いと思いますが、

門松を自宅に飾っているのをあまり見かけたことがなく、

お店やデパートの出入り口に置いてあるのをよく見かけます。

 

門松とは、正月に家の門の前などに立てられる一対になった

松や竹の正月飾りのことで、松飾りとも言うそうです。

 

お正月飾りの門松の飾り方と処分方法と門松の由来と意味は?

 

今回は正月飾りの門松について調べてみました。

 

門松の由来と意味

お正月は本来、年神を迎えその年の豊作を祈る「神祭り」と

されるもので、 門松は古くは年神を家に迎え入れるための

依代(よりしろ)とし神霊がおりてくる目標物と考えられ、

玄関前などに飾る風習ができたと言われています。

 

松は「待つ」にもつながり、竹は冬でも色濃くまっすぐに伸びる節があるので、

門松にはけじめの意も込められていて、門松を飾りお正月を感謝の

気持ちとともにお迎えするということだそうです。

 

門松の飾り方、処分時期

門松の飾り方

正式な正月用門松は、松を中心にすえ3本または5本、

7本の葉つきの竹を添え、すそに松の割り薪を並べ荒縄で3カ所を

三巻き、五巻き、七巻きと節目を見せて七五三に結んだ形が正式です。

 

しかし、最近ではデザインや置き場所を重視しアレンジされた

門松も多く販売されています。

 

設置期間

門松の設置時期は「松の内」に入る12月13日以降ならば

いつでも良いとされていますがクリスマスは避けて設置される傾向にあります。

 

他に12月29日に飾るのは「二重苦」、

さらに9の末日でもあるので「苦待つ」に

通じるとされ、「苦松」といって忌む。

 

また12月31日に飾るのは「一夜飾り」「一日飾り」といって

神をおろそかにするということから、それぞれ避けることとされているそうです。

 

7日までを「松の内」といい、お正月の松飾りをつけておく期間となり、

6日の夕方や翌7日に片づける場合が多い。

 

しかし、地域によっては1月15日の小正月まで飾るなど、

さまざまだそうです。

 

処分時期

小正月の1月15日に行われるどんど焼きや、

神社の境内でお正月飾りを焼く行事があるのでその時に処分します。

詳しくはお近くの神社に問い合わせるのが良いでしょう。

 

正式な門松

 

今時な門松

 

門松の作り方(動画)

 

最期に…

最近のお正月は門松等を飾っている人は昔に比べ、

あまり飾っているのを見かけなくなりました。

 

時代なのかもしれませんが寂しいですよね!

こういった日本古来の風習の意味や由来をしっかりと伝えたいものです。

皆さんも来年は門松を飾ってみませんか?

 


事務所や玄関に最適カワイイ正月用置物迎春文字入り門松飾り 正月飾り Ad10032

 

お正月関連の記事をまとめてみました!ご参考に^^;

正月飾りのしめ縄の簡単な作り方としめ縄の意味や由来とは

年末の大掃除で窓や網戸が簡単に出来るコツとか便利なグッズ

年末のお餅つきの由来とおすすめ餅つき機ランキング!

覚えておきたい年末年始いろんなアレコレまとめ


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ