誰もが喜ぶお歳暮ってどんなお歳暮なんだろう…?

スポンサードリンク

 

お歳暮という言葉を聞いたことがありますか。

伊藤ハムのCMなどやっていますよね。

 

歳暮とはお世話になった方に感謝の気持ちとして贈るものをいいます。

これからもよろしくお願いします。

 

という意味も込められているそうです。

 

近代では、親しみを込めて、友人や知人。

親族にも贈るという意味に少しずつ変わってきています。

 

お歳暮の由来は歳の暮れ、年末という意味をあらわす言葉で毎年、

年の暮れに1年間お世話になった人に贈り物を届けに行きました。

やがて贈答品そのものをお歳暮と呼ぶようになりました。

 

お歳暮を贈る時期は12月13日から20日までが無難です。

 

地方によっては11月末に贈るところや12月初句から12月31日、

12月13日から12月31日に贈るところもあるのです。

 

喪中の場合、お歳暮は感謝の気持ちなので贈っても問題ありません。

ただし、初7日、四十九日を終えていない場合は避けましょう。

 

お歳暮の予算は、3000円から5000円くらいが

一般的で気持ちがこもっていればいいのです。

 

品物を選ぶときに相手が喜ぶものを考えるとよいでしょう。

 

たとえば、小さなお子さんのいる家庭は子どもが喜びそうな

お菓子やお酒が好きな人には、お酒やおつまみなどを選ぶといいでしょう。

 

他には普段使えるものを贈ると喜ばれると思います。

あまり高価なものを贈ると受け取る側は負担になります。

 

贈ると喜ばれる品物ランキングで上位だったのは、

商品カタログや商品券です。

 

自分の好きなものを選ぶことができるので人気なのです。

そのほかに上位だったのは、ハムやソーセージ、

お菓子、デザートでした。

 

食べ物をもらうと嬉しいですよね。

実用的なものをもらえるのも喜ばれます。

 

本来、直接訪問して私に行くものですが

最近のお歳暮の傾向は、デパートや百貨店などで直送することや、

ネットショッピングで注文することが増えているそうです。

 

お店に直接行かなくても家で簡単に

注文できるので利用者が増えるそうです。

 

年々お歳暮を贈る意識を持つ人が増えてきています。

20代の人よりも60代、70代の人のほうがお歳暮を贈る習慣があり、

これからも贈るという人がいました。

 

既婚者が増える30代の人も贈る予定があると答えていました。

お中元とお歳暮ではどちらを重視するかという質問では

3割の人がお歳暮と答えました。

 

理由は、1年間の締めくくりの大事な行事であるから、

1年の感謝の気持ちを贈りたい。と答えた人がいました。

ほとんどの人が両方贈ると答えていました。

 

お歳暮が届いたら電話やメールでお礼を言う人がいますが、

正式なマナーとしては礼状を書くべきです。

 

書く内容として時候の挨拶、お礼を述べること、

自分や家族が喜んでいること具体的に書く、

先方の体調を気遣う、最後に結びの言葉です。

 

お歳暮は気持ちなんですね。

お歳暮を贈る機会があるときに実践してみたいと思います。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ