お年玉の相場っていったいいくら位なの?

スポンサードリンク

 

お正月の風物詩「お年玉」。大人になるとあまり嬉しくない習慣ですね。

イマドキの「お年玉相場」っていくら!?

■お年玉の由来

昔はお正月にひとつ年をとる「数え年」で年齢を数えていました。その時に、お正月にお供えしたお餅を配る事が「お年玉」の始まりだと言われています。

現在のように「お年玉」を現金で渡すようになったのは、商家で使用人におこずかいを渡した事が始まりという説が一般的のようです。

■あげる相手は?

お年玉は基本的に「上のものが下のものに渡す」という決まりがあります。自分の子供や親戚、親しい間柄の子供ですね。ではたとえば「上司の子供」にお年玉をあげてもいいのでしょうか?答えは「バツ」。あげてはいけません。そういう場合は「御年賀」として商品券や図書カードなど「物」で渡すのが正しいとされています。

たとえば目上でも、自分の親や祖父母などに渡すのはかまいません。しかしその時でも「お年玉」ではなく、「御年賀」や「新年ご挨拶」とするのが良いようです。


■では相場は?

お年玉の額は、悩みの種ですね。しかし今は基準があるようです。

一般的に言われているのが

「年齢÷2×1000円」、「年齢×500円」というもの。たとえば10歳の子供にあげるとしたら「年齢(10)÷2×1000」、「年齢(10)×500」でどちらも5千円です。

ある調べでは、幼稚園は2000円~3000円、小学生は3000円~5000円、中学生は5000円~10000円、高校生には10000円・・・だそうです。

逆に高額すぎるお年玉も相手のお宅に迷惑になる場合がありますので、気をつけたいところですね。

0~2歳くらいまでの子供には「おもちゃやお菓子」をプレゼントする、という人もいるようですし、逆に少し多めの金額を親に「何か買ってあげて」と渡す場合もあるようです。

■渡す時・もらう時のポイント

お年玉を渡す時のポイントですが、必ず親がいるときに渡すこと。親が相手にお礼を言える状況で渡す、というのがポイントです。

それから、貰った側としては「必ずお礼を言わせる」、「その場でポチ袋をあけさせない」事が大事です。

普段なら当然の事ですが、「お年玉」となると「もらって当たり前」と思ってしまいがちですからね。

あとお年玉を入れる「ポチ袋」ですが、あげる子供の名前と、自分の名前を書くと良いと思います。人の出入りが多いお正月ですから、「誰から誰に渡ったお年玉か」わからなくなると困りますもんね。

 


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ