少しでも抑えたい引っ越し費用。見積もりは重要です

スポンサードリンク

 

引っ越しにかかる費用は少しでも抑えたい!でも自分でやるのは大変だし・・・。

引っ越し業者ってどこが良いのかな!?

 

■引っ越し業者を選ぼう!

引っ越しは自分でやる以外、引っ越し業者に頼むのがベター。

引っ越しの繁忙期ともなれば、都合の良い日程が取りにくくなりますので、早めの準備が必要です。ではまずどういう引っ越し業者が良いのか、考えてみましょう。

料金が安い事はもちろん気になりますが、引っ越しはそれだけではありません。サービス内容も確認してみる事が大事です。たとえば梱包資材や荷物の梱包、手続きの代行などが有料か無料かによっても違います。

それから自分にとっての必要なサービスがあるかどうかも大事です。

「ピアノ」など運び方が特殊なものがある場合や、女性の一人暮らしで防犯が気になる場合などは、そういう事への配慮がある業者を選ぶ必要があります。新築への引越しの場合は、養生をちゃんとしてもらえるのかも気になる所。

全てを含めて業者を考える事が必要なのです。

 

■実際に見積もりしてもらう

今はインターネットなどで簡単に見積もりがしてもらえるようになりました。一括で見積もりを出し、条件に合う業者から連絡が来るというのは非常に便利ですね。

しかし、それだけで決めてしまうのは後々のトラブルになりかねませんので、実際に訪問してもらって、最終的に正式な見積もり書を出してもらうと安心です。

見積もり額ですが、これが曖昧な業者は不安ですね。

引っ越しの相場は 単身で5~6万円、家族で10~15万円くらいだと言われています。もちろんオプションなどで大幅に変わる場合もありますが、とんでもなく高い、逆にとんでもなく安い場合も注意した方が良さそうです。

引っ越しをお願いする前に、こちらでも優良な業者か確かめる事も必要です。たとえば、ちゃんと認可を受けているか?訪問して見積もりを出す事を厭わないか?必要無いオプションを付けようとしてこないか?・・・などですね。

 

■引っ越し費用を抑えたい

引っ越しにかかる費用を抑える方法です。

1つめは「引っ越し業者に競合してもらう」という事です。低価格の方を選びますよ、という姿勢を見せて、値段を下げてもらうんですね。しかし業者もプロなので、引っ越し初心者にはちょっと難しいかもしれません。

2つめは「荷物を減らす」。これを機会に、着ない服や本などをリサイクルショップに出してみるのも良いでしょう。古くなった家具・家電は処分する。これで荷物も減らせます。転居先で新しいものを揃えましょう。

3つめは「引っ越しの日を選ばない」。つまり人気のある日を避ける、という事です。引っ越しシーズンはもちろん、土日や大安も人気の日取りです。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ