ボジョレーヌーボー 2013年の解禁日はいつになるの?

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボー2013の解禁日はいつなのか?

ワインが好きな方には毎年気になる季節がやって来ましたね。

そもそもボジョレーヌーボーとは何か?、その名前に意味は?

などと疑問に思う事とともに2013年の解禁日について調べて見ました。

 

ボジョレーヌーボー 2013年の解禁日はいつになるの?

 

「ボジョレーヌーボー」とは大人なら誰しもが耳にしたことがあると思います。

毎年この時期になると発売されるワインです。

 

よく広告やCMでも見かけたことがあると思います。

「ボジョレーヌーボー解禁」などという言葉をよく耳にしますよね。

でも、他のワインでは「解禁」などと言う言葉を耳にすることはありません。

 

「なぜボジョレーヌーボーだけ解禁とか解禁日いうのがあるのか」

こんな疑問を持っている方のために今回はこの「ボジョレーヌーボー」

というワインについて詳しく調べてみました。

 

ボジョレーヌーボーとは

「ボジョレーヌーボー」とはフランスのブルゴーニュ地方

ボジョレー地区で作られる新酒の赤ワインのことを言います。

 

毎年11月の第3木曜日午前0時に販売が解禁されるそうで、

今年は(2013年度)11月21日に販売が開始されるとのことです。

 

ちなみに、時差の関係で、日本は世界で一番早くボジョレーヌーボーが

解禁されるそうです。メディアでも大きく扱われていますよね。

 

ボジョレーは、ブルゴーニュ地方の南にあり、ガメイ種という葡萄(ブドウ)から

造られる、フルーティーで若々しく、柔らかなAOCワイン

(厳しく管理・統制された、最高格付けの高級ワインのこと)だそうです。

 

ボジェレーヌーボーは、その年に収穫されたブドウで造られた新酒であり、

ブドウが良質であるかを確認するためのもので、季節の楽しみとして

毎年世界中のワイン好きが解禁の日を待ちわびているそうです。

 

ちなみに輸入量の第1位は日本であり、

全生産量の約4分の1を占めているみたいですね。

 

ボジョレーヌーボー2013

ボジョレーヌーボー2013

 

ボジョレーヌーボー2013年出来と評価

気になるのがワインの出来と

フランスボジョレーワイン委員会による評価ですよね。

今年のボジョレーはどのようになっているのか調べました。

 

まず、さかのぼり1997年には1976年以来の品質だったそうです。

2001年は、ここ10年で最高の出来と言われていました。

 

それを上回る出来栄えだったのが翌年の2002年。

2005年はここ数年で最高の出来。

2009年は50年に一度の出来。

2010年は、1950年以降最高の出来と言われた、

2009年と同等の出来栄え。

2011年も当たり年である2009年に匹敵する出来。

2012年は史上最悪の不作でしたが、

ブドウの品質はよく熟すことができ健全だったそうです。

 

2013年の出来は今のところ段階的に成熟は進んでいて、

好条件で収穫が始められるみたいです。

 

天候面は非常に良好のようで、今年も大いに期待できるとのことです。

ちなみに通常のワインは常温で飲むのが美味しいとされていますが、

フレッシュさを売りとしているボジョレーはワインクーラーなどで

冷やして飲む方が美味しさが際立つそうです。

 

価格はだいたい750mlで700円~5000円程度みたいですね。

樽になると50000円~120000円ほどです。

 

今ではネットでもデパートでもコンビニでも購入できます。

人気の商品はぜひ予約しておきたいものですね。

 

楽天やアマゾン、アサヒやメルシャンでもボジョレーヌーボーの予約を

しているみたいなので事前に確認してみて下さい。

 

ボジョレーヌーボーの評価動画

 

毎年、解禁日が近づくとマスコミ各社も一斉に煽る為、

一気に品薄になる店舗の続出すると聞いたことがあります。

確実に手に入れるにはやはり前もって予約しておくのが一番ですね!

という事で早速、私も…^^;

 


【送料無料・クリスタルグラス2客プレゼント】【G】【送料無料】【高級クリスタルグラス2客プレ…


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ