2月14日~バレンタインの歴史を知ろう~

スポンサードリンク

 

バレンタインデーってそもそもどんな日なのでしょうか?

女性が男性に愛を伝える日?

ただチョコをプレゼントするという行為だけではないんですね。

 

○バレンタインデー

2月14日

後顧の憂いを絶つために遠征する兵士の結婚を禁止したローマ皇帝に反対したバレンタイン司祭が処刑された日です。

初めは、親子が愛の教訓と感謝を書き記したカードを好感する習慣でした。

20世紀になって、男女が愛を告白して贈り物をしたりするようになったそうです。

特に女性が男性に対して愛の告白をする唯一の日とされるようになったと言われています。

 

○バレンタインデーIN日本

日本では1936年に神戸モロゾフ洋菓子店が英字雑誌に「バレンタインチョコ」の広告を掲載。

clip_image0021958年には東京でバレンタイン・セールと称したキャンペーンを行いました。

そして、その内容は日本独自の発展をしたのです。

戦後まもなく、流通業界や製菓業界の販売促進のために普及が試みられましたが、日本に定着したのは1970年代とされています。

主として、女性が男性に親愛の情を込めてチョコレートをプレゼントするという日本型のバレンタインデーの様式が成立したのです。

当時は、お菓子メーカーが主導となり、手作りチョコはほとんどなく、ハート型のチョコをどのメーカーも作って販売していました。

1980年代には、ホワイトデーと義理チョコが定着しました。

きっかけは、「バレンタインデーのお返しにマシュマロを…」とマシュマロデーと言うのを始めたのです。

現在では、友チョコも定着。

女性同士でチョコを贈り合ったり、男性が女性に贈る「逆チョコ」も登場しています。

 

○ラッピング

チョコやお菓子を贈る時に大切なのは…

味だけではなく、見た目!

貰った時に思わず「お!!」っと目を引くラッピングがありますよね。

最近では100円ショップでも多彩なラッピンググッズを取り揃えています。

チョコを透明なフィルムや袋に入れて、中が見えるようにしてリボンで結んだり。

かわいいケースにきれいに並べて入れて、包装したり。

小分けに袋に包装して、バスケットに入れたり。

透明なガラスカップにチョコやクッキーを入れて、袋に入れリボンで結んだり。

見た目の楽しさやかわいらしさも演出しているのがラッピングですね。

 

○バレンタイン禁止?

2005年にデマと言うかネタで流れた法律ですね。

<バレンタインデーに関する偽法案>

【2005年に「特定菓子贈与禁止法」(反バレンタインデー法)なる法案が成立した。

という偽の情報がネット上に流れた。

これは全くの嘘であり実際にはこのような法も存在しない。

初めて出回ったのは日本最大の掲示板サイト「2ちゃんねる」であるとされています。

「参議院は7日、特定の日に特定の目的をもって菓子類を他人に贈与することを禁止する法案を全会一致で可決した。」などと書かれた新聞記事風の画像が元ネタであるとされています。】

これはバレンタインの風習をやめたい、やめたらいいのにと思う人がいると言うことですね。

確かに義理チョコの風潮があると準備するほうも大変ですし、もらえない人にとってはどうでもいい日とも言えますから。

ただ、学校や会社で持ってこないようにと言うことはあっても「法律で禁止」と言うことはないと思います。

そもそもバレンタインはイベントみたいなもので、選ぶ時も作っている時も楽しんでいる人が多いと思いますから。

どうでしょうか?

知ってみると奥深い「バレンタインデー」

最初はお菓子メーカーの戦略で、それが定着し、今の状態になったと言えますね。

本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分チョコ、逆チョコ・・・

多様になりますが、誰もが楽しんで過ごすことが出来れば良いんじゃないかな?と思います。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ